講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
米国留学記(7)

2002/09 - 2003/08

ラスベガスで年越し


大晦日

2002年の年越しは、ラスベガスで過ごすことにした。
カウントダウン花火が有名で、毎年、多くの人が集まるからだ。
ホテルも大晦日だけは通常の3倍以上して、更に予約が取れないほどの大人気。私は車で寝た。

夜の10時くらいから、ラスベガスのメインストリート「ストリップ」は、人だかりで大変。
皆が、ビール瓶片手に酔っ払いながら、ひたすら歩いて騒いでいる。
誰もが、「ハッピー・ニューイヤー」という挨拶のもと、仲良くなれる。
きれいどころのお姉ちゃんに、この日ばかりは簡単に声をかけれるのは非常に嬉しい。

人で埋まって、動けなくなった12時。
カウントダウン花火がラスベガスを代表する約10のホテル屋上から打ち上げられた。
しかし、しょぼい。迫力なし。5分強で終了。一斉のカウントダウンコールもなし。あっという間だった。
花火は日本のお家芸。地元の花火大会の方が数段面白い。ベガスは単なる酔っ払いの集まりだった。
各ホテルやクラブで、大晦日イベントが繰り広げられているので、そちらに参加するほうがいいだろう。


レッドロックキャニオン

ラスベガスから西へ、車で30分。レッドロックキャニオンがあります。
砂漠の中の渓谷。サイクリングを楽しむ人も多いところ。道は一方通行で、運転も超簡単。
ところどころに駐車場があって、バーベキューやトレイルができるようになっている。
ベガスにきて、レンタカーするなら、レッドロックキャニオンをお忘れなく。


フリーモント・ストリート・エクスペリエンス

ラスベガスのダウンタウンは、ストリップ通りのテーマホテル地帯から車で15分くらい離れている。
かなりさびれていて、面白くないが、唯一、フリーモント・ストリート・エクスペリエンスだけがある。
商店街のアーケードを電飾で飾り、夜、1時間毎に、違った映像と音楽ショーが行われる。
会社に入社したての頃の仕事で、この仕掛けが事例で出てきて、私は話についていけなかったが、
6年後にようやく本物を見ることができた。そして、それはとても素晴らしいものだった。

長さ100メートル以上のアーケードは壮観。
音響もガンガンで、ラスベガスならでは。日本だと近隣迷惑とかで大きくできないと思う。
このショーのときは、商店街の商店やカジノのネオンは消され、ショーを盛りたてます。
このアーケードは、道端で野ざらしだった。てっきり天井があると思ってたのに。砂漠の街だということを実感。

ストリップ通りからは、距離が遠いが、ラスベガスでは見逃せない無料ショーです。
演目が何通りもあるので、2回以上見ることをオススメします。
1時間毎なので、周辺を散策しているうちに、次のショーが見れますよ。


スカイダイビングに挑戦!

過激なことが好きなので、いつかスカイダビングをしたいと夢をもっていた。
ラスベガスの情報を集めていると、スカイダイビングが多く行われていることを知った。
車イスなので、その旨を丁寧に説明し、スカイダイビングの会社にメールを送って聞いてみた。
何回かやりとりをしたが、最終的には、その場で決めるとのことで、あいまいだった。
その場で、私の優良な健康状態や、責任は自分で負うという署名をすれば、飛べるだろうと思った。

この旅の同行者、鎌倉くんも一生の機会なので、飛ぶことになった。2名の予約を入れて、飛行場へ。
すぐにお金を支払い、日本語のビデオ、資料を見た。そして何枚にもわたる書類の署名。
このビデオと署名するときが一番怖い。事故があった場合の責任は自分で負うとのことだからだ。
死亡事故も、過去にないわけではない。もちろん発生件数は低い。
インストラクターと一緒に飛ぶので、彼らも死にたくはないので、まず大丈夫だろう。
飛んだときにパニックになって、錯乱しない限り、インストラクターに任せれは確実に安全だと思う。

さっそく、私も着替えて、記念撮影。
もうドキドキ、ワクワクで、飛ぶのが待ちきれない。どんな感覚だろう?

しかし、私は飛ぶことはなかった。

友人の 鎌倉くんだけが先に飛び、私の番は次かと思うと、名前が呼ばれない。その次も。
問いただすと、インストラクターが飛びたがらないとのこと。

友人を飛ばせるために、車イスの私が飛べないことを隠していたのだ。ズルイ。

めちゃくちゃ腹が立ちました。
メールで何度もやりとりをしているのに、飛ばせる意思がないなら、その旨をはっきりいってほしい。
1時間以上待ったが、着ていた服を脱ぎ、料金を返却してもらって帰った。半日が無駄になった。

ところで、友人の鎌倉くんは、旅行中チップを多くあげるのが好きだった。 
ご存知のように私は、システムとしてのチップが大嫌いなので、ちょっと意見が違った。
鎌倉くんに、「インストラクターにチップを渡したの?」と尋ねると、彼は慌てて払いにいった。
しかし、インストラクターは上空にいってしまい、会社の社長に渡した。私の意見は本人に手渡し。
それはよいとして、嘘をついて、こちらの意見も聞かずに話し合いもせずに一方的に断る
インストラクター達に多額のチップを支払うなんて、またそこでも考え方が違うと思った。
もちろん、鎌倉くんも、私が飛べないなら飛ばないと言ってたが、会社の戦略で先に飛ばされたので、
それは実行できなかった。その夜は、自分だけ飛んで申しわけないと夕食をおごってくれた。

もうスカイダイビングをする気は失せた。無理に固執することはないしね。


ラスベガス 主要ホテル 一言コメント (全部を歩きまわりました)

トレジャーアイランド コンセプトがわかりやすい。家族連れにオススメ。買物に便利。海賊船ショーは超混雑するので、無理して見るほどのものではない。シルク・ドソレイユは、ここの「ミステリー」公演から人気に火がついた。
ミラージュ ホワイトタイガーが無料で見れます。火山噴火は頻度も多く、見れる場所も広いので、簡単に見れます。トレジャーアイランドと結ばれるトラムは。ちょっとちゃちい。
シーザーズパレス でかい!格式がある。スイートに一度は泊まってみたい。スポーツ賭けの施設が充実。カジノも超巨大。迷います。東京お台場にフォーラムショップスを模したヴィーナスフォートがありますが、本家はレベルが格段に違います。お見逃しなく。ただストリップ通りからフォーラムショップスへの通路が階段でバリアフリーでない。
べラージオ 18歳以下はホテルに入れません。故に大人の雰囲気。高級感。ロビーのシャガール調の天井は美しい。噴水ショーはまあまあ。ショッピングセンターは一流ブランドばかりで退屈。世界最高のショー シルク・ド・ソレイユ ”O” を持つのが強味。
モンテカルロ 立地以外には特筆するものがない。だから宿泊料金も安い。ベラージオにトラムが出ているのが便利。見学する必要なし。
ニューヨークニューヨーク 値段が高いけど、コースターは体験するべき。落下角度が強烈。車イスは最初は危険だというので断られたが、強引に乗せてもらった。しかし、本当に激しいので、スタッフに言っていたことは正解でした。2階のクラブ「コヨーテ・アグリー」も盛り上がっていた。内装も楽しいし、レストランも種類多いし、オススメのホテルです。
エクスカリバー 子ども向きのコンセプトが明確。幼稚ともいえるが。値段も安い。夜中でも小さな子ども達がゲームセンターで遊んでいる風景は異様。子どもは早く寝るべきだと思うが。子どもさんと一緒にベガス来るなら、子どもはここで遊ばせよう。
ルクソール メインエントランスから中に一度でも入ると楽しいでしょう。エジプトのハリボテですが、細かい演出があり通路も楽しい。エクスカリバー、マンダレーベイと結ぶ通路は、車イス用進路がわかりづらく不親切。ベガスのバリアフリーは完璧ではない。
マンダレーベイ ストリップ通り、一番南にあるホテル。そのせいか人気がない。一階のストリップダンサーがいるカフェは、オススメ。それぐらい。アジアリゾートの南国気分が味わえます。繁盛していないので経営がきびしそうです。
    
ベネチアン 南からのエントランスがバリアフリーでないのが残念。豪華な作り。天井も高い。警備員の制服がイタリアの警官そのまま。ベネチアの運河を模したショッピングセンターはイマイチ。
フラミンゴ プールが非常に充実している思う。その他はとりわけ特徴なし。ネオンがきれいなことぐらいかな。
バリー 微妙な青色のネオンと、通りからの遊歩道が面白い。立地が最高。パリスとつながっているので、どちらがどっちかわからなくなる。MGMにトラムが出ているけど、24時間営業でないので注意。
パリス ラスベガス エッフェル塔、パリの街並、わらってしまうけど痛快。表示がフランス語で、従業員の挨拶もフランス語。見学価値あり。ぜひ観光を!もちろん無料で入れます。
アラジン アラビアンナイトの世界を再現。カジノも大きく面白い。ショッピングセンターは、フォーラムショップスに次ぐ素晴らしさ。さすがにモザイクとかは雑だけど雰囲気がとってもよく出ている。なかなか良いです。
MGM グラント ベガスを代表するホテル。世界最大のホテルでもある。ハンディキャップルームも100部屋!あると聞く。カジノの大きさも一番。いろんなショーも毎夜行われている。ナイトクラブ「スタジオ54」は大人気。一度は行ってみたい。バリアフリー対応は一番だと思う。車イスでもできるカジノ台の設置割合が一番多かった印象。

宿泊日によって、大幅に料金が変わりますので、細かくチェックする必要があります。
コストパフォーマンスと、自分の行動を考えてホテルを決定してください。


  NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ