講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
メープル街道 (4)

2014/10

モントリオール / カナダ


国際会議に出席

モントリオール空港でレンタカーを返却し、市内へとバス移動。もちろんノンステップバス。 

ホテルに荷物を置いて、ダウンタウンの中心にある会議場へ。フランス的な色合い。
地下鉄の駅と直結も、残念ながら駅や地下鉄はバリアフリーでないため、徒歩で行ける場所にホテルを確保。

全ての人への目的地。3日間の観光バリアフリーに関する国際会議。
私も無事に論文発表を終了。色んな出会いもあり、遠くから自腹で参加して実りがあった。

会議の合間に、アイスホッケーの試合があったので、オタワに続いて観戦。
試合開始前の国歌斉唱を撮影。

名門カナディアンズは、車いす席のネット購入が可能だったが、残席が少なく介護者席は取れず。
理由は座席数が北米にしては少ないこと。50席ぐらい。ただし割引がある。
同一エリアの3分の1の値段で見れる。しかしながら、価格の優遇より同じ権利が欲しいところ。
米国では、基本全てのエリアに車いす席がある。よって障害者席の割引は無い。

休憩時間には通路やホワイエに人が多くて、トイレに行けなかったので、試合中にトイレに行った。
席に戻るとき、通路に人が立っていたので「どいてください」といっても無視。
プレー中は座席に戻るのを控え、入口付近で待つのがマナーみたいだが、私の車いす席は、目の前。
ちょっと横に動くだけで通れるのに、どいてくれない。
警備員も横にいるので怒った。警備員にもなんで注意しないんだよと。それも我関せず。冷たい人々。

カナダのバリアフリー。米国とほとんど変わらないと勘違いしていた。
大西洋側のバンクーバーは進んでいると思うが、大西洋側のケベックはイマイチだった。
やっぱりきちんと滞在しないとわからない。


市内観光

会議の最終日は午前中で終了。午後から時間があったので、歩いての市内観光へ。
旧市街にあるゴシック教会へ。

警備員が出口から入りなさいと招いてくれた。
入場料がかかるのだが、入口を通っていないので無料というわけ。

期待していなかったが、見ごたえのある教会だった。装飾が素晴らしい。大きい。必見ですね。

続いて、昔ながらの市場へ。
現在は土産物屋さん、お洒落な洋服屋さんがメインの店となっている。

セントローレンス川へ。川沿いは公園になっているが、晩秋で寒いため、人はいない。
市民プールもあったので、夏にはとても賑わう場所だろう。

川沿いの散策。市内中心部の川沿いに、大きな工場の跡があった。今は廃墟となっていた。
昔は重工業も大都市の真ん中だけど、川沿いで物流はしやすいため、盛んであったのだろう。

モントリオールは、雪が降ることもあるせいか、道がガタガタ。
地下鉄の駅は、ほとんどが階段のみ。ショッピングモールや地下街も段差だらけで幻滅。
スロープでいいのに、段差解消の昇降機などあったりするが壊れていたりした。

この写真もビルとビルとの間が高級商店街になっているところ。
寒い冬でも歩きやすいような工夫がされている。

現代美術館などある、新市街。やっぱり坂道が多い。車いすで歩くの大変です。


食事

ケベックの名物?といえば、フレンチポテトにチーズと甘いソースをかけたもの「プーティン」
ファーストフード店で注文したけど、イマイチでした。世界に広がらないわけである。ローカルフード。

モントリオールは、ベーグルが有名らしいです。サンドウィッチは美味しかった。

会議場の1階にも、ホールトンズがありました。いつも行列。大人気。
カナダの皆さんは、甘いコーヒーが大好き。

最終日の夜、同じく会議に参加していた、台湾の友人ジャッキーと奥さんと夕食へ。
人気のステーキハウスというか、少し豪華なファミリーレストラン。

800グラムのステーキを注文。人生で一番大きなサイズであるが、骨を含んでの重さみたいで肩透かし。
食べきれるか不安でしたが、正味の肉は600グラム弱だったので、完食できました。


目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ