講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
イギリス、ベルギー、オランダ (5)

2012/06

17年前の記憶 / ブリュッセル


ブリュッセル地下鉄

地下鉄の路線図に、車いすマークが標準で記載されているため、どの駅が利用できるか一目瞭然。
使える駅は少ないのですが、情報開示は有難い。
エレベーターの位置がわかりにくいときもありますが、確実に車いすでも使えるとわかれば探せます。

 

ホームの点字ブロック(正確には警告ブロック)が、私には良いと思いました。珍しいタイプ。
車いすに負担になりにくい。杖も滑りにくい。触感もわかりやすい。

車いすルートの表示があると本当に助かります。
地下鉄は迷路みたいになっているので、どの方向にいけば出れるのか、わかりますから。
このブリュッセル中央駅は、斜面を利用してスロープで地上に出ます。エレベーター無し。

駅から、長い急な坂道を上って、国立美術館へ。王宮もあります。
景色は綺麗ですが、車いすでは大変ですね。根性入れて、車いすをこぎました。
車いすの場合、美術館や王宮エリアへは、バスで移動した方が良さそうです。


ムール貝

ブリュッセルでは、20年間の世界旅行で最も美味しかった料理「ムール貝」を食べることを楽しみにしていた。
記憶を頼りに、17年前に訪れた思い出のレストランへ行くが、町は様変わり。生涯最高のレストランも消えていた。
欧州はいまやボーダレス。多くの移民や観光客。人の流れは活発。街も変化。
 
まだムール貝の季節(Rのつく月が良い September - April)ではないが、入った店は当たり! 
案内している5名の紳士淑女も、大きな鍋に100個以上入ったムール貝を完食しました!

目の前に出された大量の貝を手でつかんで食いまくる。意地になるというか、止まらない。
途中からは、スープが現れ、貝で少ないがら出汁を味わう。全部を食べた後の達成感がなんともいえません。

全員が完食でした。1人前は20ユーロなり。やっぱり最高の味でした。


市内観光

ブリュッセル滞在は、オペラ開催日に併せました。私の趣味の一つは、オペラ鑑賞なんです。おほほ。
日本からメールで問い合わせると、電話予約してとの返信。電話できるわけでもなく、現地手配。

ムール貝を食べた後、王立モネ劇場へ。チケット売場を探すと、裏手の建物にオフィス有り。
車いす席は現地でもあまり使われていないようでした。30ユーロでした。
チケットはその場で発券されず、演目前に劇場で受け取ることに。やっぱり車いす席は特殊なようです。

同行者の5名も死に席(柱や壁で舞台が全て見えない)を当日券で全て購入できました。10ユーロと激安。
舞台は見えにくく、4階や5階の隅であっても、オペラの雰囲気を味わえるので、非常にお得です。 

続いて、世界一美しいと言われる広場グランパレスへ。ブリュッセル観光する人は全員が訪れる場所でしょう。
ものすごい人でした。世界中から観光客が集まっている。本当、人の流れはボーダレスになったなあ。

植木市みたいなのが開かれていました。美しい広場です。

グランプレスから歩いて5分。小便小僧へ。
世界中へ広まり、有数の観光地となったのだから、作った人は偉大ですね。

ベルギーといえば、ワッフル。小便小僧の近くの売店で購入。1ユーロと安いです。美味しいです。
気軽なおやつと思いきや、手のひらか溢れる大きさ。お腹が膨れます。これは太るなあ。朝食にいいかも。

小便小僧の周囲の街並み。やっぱり坂が多いです。坂を避けたルートを選択して観光しないと。

ホテルで昼寝をして、夜はオペラへ。演目はベルディの「イル・トラバトーレ」

オペラ。欧州の歴史ある劇場は、とっても雰囲気がいいんですよね。その空間にいる幸せ。
正直、歌や演奏は、よくわからないんですが、いつも雰囲気や空間を楽しんでいます。

劇場職員による、本日の解説。開演前に勉強です。いい雰囲気です。
私の座る席には、ここを通らないといけないため、しばし私も解説を聞いていました。
フランス語かなと思ったら、オランダ語でした。

王立モネ劇場の車いすトイレ。施錠されているので職員に鍵を開けてもらって使います。
掃除用具や物入れとしても使われていました。あまり普段使っていない証拠ですね。やっぱりかあ。

車いす席は、1階席の最後尾の空いたスペースでした。無理にスペースは作らず自然な場所。
現代的な演出に驚きながらも、素晴らしい音と歌を堪能しました。

オペラが終了したのは、夜の11時。地下鉄でホテルへ戻ります。
ケチくさいって? オペラ座もホテルも駅前ですから。地下鉄も乗り慣れましたから大丈夫。

深夜なのに、地下鉄は結構混雑していました。色んな人が乗っています。
やんちゃな格好をしている20歳前後のアフリカ系の若者が座席を占拠して座っていましたが、
我々が乗ってきた瞬間に、すっと席を譲ってくれました。当たり前のように特別意識もせず自然に。
同行者5名は元気で活力のある人達ですが、平均年齢は65歳を超えていますから。

日本じゃ有り得ません。高齢者や妊婦などに座席を譲ることは自然ではなく、特別な行為ですもんね。
外国の深夜。地下鉄で遭遇したら、怖い!避けたい!と思ってしまう若者達でしたが、マナーは関係なし。
外見は関係ありませんね。微笑ましい光景でした。
英国、ベルギー、オランダ、いずれも同行者達は、すぐに席を譲ってもらえ座れました。素晴らしいことです。


NEXT  目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ