講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
アドリア海一周ドライブ(8)

2014/04

ナポリ / イタリア


ナポリ

20年前に来たときもレンタカーだった。運転に難儀した思い出。今回も同じだった。狭い道、路上駐車、一方通行、袋小路、交通渋滞、人々の喧騒。アマルフィの海岸も狭くて、素人が運転すると地獄を見ます。

ナポリの目的は一つ。ピザを食べること。市内中心部は駐車スペースもないし、ごみごみしているので、海岸沿いの少しお洒落なエリアにて。良い感じのピザ屋を発見。路上駐車して、ランチする。

店の選択は正解。勘が当たった。適度に繁盛している。生地は作り立て。もちろん焼きたて。きれいな新しい店。高級店かと思ったら、ピザの値段はナポリ価格で激安。ただしドリンクは高かった。飲み物で収支を合わせるシステム。もちろん節約するなら水道水も注文できますよ。

キノコピザを注文したら、トマトが入ってなくショック。ポルチーニはたっぷりなのだけど。素直にマルガリータ(トマト、チーズだけのシンプルピザ)を注文したら良かった。

同行者のマルガリータを横からいただく。生地は新鮮。トマトが濃い。モッツアレラは水牛だ。オリーブオイルが奏でる焼きムラ。完璧な味。 直径40センチあって、価格は6ユーロ。料理は本場に限る。

クオリティの高さに、改めて驚く。日本でも、石窯を作って、モッツァレラチーズを空輸したりと、本格的なナポリピザを出す店が増えたが、オリーブオイルの使い方、焼きムラ、手早さ、気軽さ、本場ナポリとは比較にならない。大阪人にとってのお好み焼、たこ焼きみたいなものかな。ピザを食べにだけでも、ナポリに来る価値あり。


ローマ

最後の夜。ローマ空港の近くで、道に迷った。住宅街に入ってしまい、地図を片手に自分がどこにいるのか確かめる。

ドスン!穴ぼこを通ったようだ。 プシュー!また右前輪がパンクした。2日連続で同じ箇所。

夜の7時。もう日が暮れかけていた。通りがかりのおじさんに、ガソリンスタンドが近くにないか尋ねる。ガソリンスタンドはないが、修理工場?がすぐそこにあるらしい。イタリア語が話せて本当に良かった。言葉が通じる幸せ。

Uターンして、ぺこぺこのタイヤで300メートル進む。そこには工場みたいなのがあった。店員に話しかけると、「ここは洗車屋」と鼻で笑われる。でも、「パンク修理なら、角を曲がった10メートル先にある」とのこと。

ほんまかいな? 言われた通りに進むと、アパートの1階部分に、タイヤ屋さんがあるではないか!

歩道の縁石に車を乗りあげ、中古タイヤ交換の依頼。即答OK。車をピットに入れることもなく、そのままタイヤ交換。パンクしてから20分も経っていないのに、修理が完了した。チップも含めて、50ユーロ札を渡したら、喜んでいた。40ユーロで良かったのかも。

2回もレンタカーがパンク。修理が手軽なのは、イタリアの道路でパンクが多い証拠でもあるのだろうが、どちらも30分以内に修理できたのは、幸運だと思う。

パニックにならず冷静に対応できるのは、私の能力。えっ!ちゃんと運転しないさいって。はい、その通りです。

その自動車パンク修理屋さんに、空港に近い安いホテルを教えてもらい、そこにチェックイン。修理代のチップが紹介料になった。いい感じ。

・・・・・・

ホテルのレストランで夕食。ナポリで昼食にとったピザのリベンジ。マルガリータが食べたい!店員にお願いして、ルッコラをトッピングしてもらった(無料サービス)。

でてきたピザの生地は冷凍だった。トマトソースも薄かった。モッツァレラも水牛ではなかった、普通の牛。まずくはない。ただ普通に美味しいだけ。日本で食べたら余裕で平均以上の美味しいピザ。価格は9ユーロだった。ちなみに、ナポリのピザは6ユーロで、大きさも2倍近い。

値段が安くて、素材は良く、味も美味しい。ナポリのピザは異次元だと痛感。3度目のナポリ訪問もいつか夢見よう。死ぬまでにもう一度、ナポリでピザを食べたい!目標が出来ました。


目次  旅コラム

Travel for All トップページ