講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
西アフリカ 未訪問国巡り(8)

2017/02 - 2017/03

かつて奴隷貿易の拠点/カーポベルデ


アフリカだけど、アフリカじゃない

カーポベルデは、ダカールの西500キロ、大西洋に浮かぶ群島。旧ポルトガル領。
奴隷貿易の中継地として栄えたところ。夜は寒く、タクシー運転手はセーターを着ていたのには驚いた。

同じポルトガル領だったことで、ギニア・ビサウから飛行機がある。でもプロペラ。
設備も何もないので、階段を這って乗り降り。仕方のないことだけど、ズボンは汚れるし、やっぱり面倒。

アフリカとはいえ、ポルトガルやブラジルみたいな雰囲気。
贅沢して、4つ星の良いホテルに宿泊。車いす対応部屋があった。到着日はホテルで夕食ビュッフェ。
流石に大西洋の島国。たくさんの魚。キハダマグロ、ハマチ、カワハギ、タイかな。

ホテルのレストランからの眺め。ボサノヴァを聞きながらの朝食は最高。一人で寂しいけど。

2泊の滞在。1日ゆっくり市内観光へ。首都の旧市街へと歩いていく。

海岸で、サッカーをしたり、遊んだりする地元民。平和な光景です。

プライア港に来てみました。島へのフェリーがここから発着します。
時間に余裕があれば、島巡りとかすれば、楽しいのだろうけど、一人だし、車いすだし、首都訪問のみ。

港から、タクシーに乗って旧市街へ。旧市街プラトーは岩礁の高台になっており、天然の要塞。
あまり人はおらず活気がない。商店も郊外のショッピングセンターやモールになった模様。
メインストリートも、少しの観光客と地元民がちょこっと歩いているのみ。

とあるレストランは、夜はライブ付き。ブラジル音楽ですねー。ホテルが近ければ、来たいところ。

お昼過ぎ。プラトーのメインストリート。人がいません。。。

14時ぐらいに、ランチ。せっかくなので、良いレストランを選ぶ。
ブラジル文化(ポルトガル領で共通、多くの奴隷が連れていかれた)なので、牛肉(シェラスコ)を頼む。

最高のステーキ。でも、前菜も頼んでいたのでお腹一杯に。
ライス、チップスとフェジョアーダ(黒豆煮込み)までは、食べれなかった。食べ過ぎた。。。
夜飯と兼用になりました。


不幸と幸運の螺旋

アフリカというより、ブラジルというか、ポルトガルというか、快適なカーポベルデ。
小さな空港にも、車いすトイレがあった。凄い! しかし、それでも、やっぱりアフリカだった。甘くない。

空港にいったら、カーポベルデ航空のダカール行きは遅延らしい。小さい小さい空港で表示などもない。
とりあえず待っていたら、10分後にホテル職員2名が、宿泊費の支払いを求めに現れた。
ネット予約でクレジットカード番号も打っていたので支払済だと思っていた。

ホテル職員の協力のもと、改めて飛行機の遅延を確認。10時30分出発が、17時40分に変更らしい。
ホテルに戻って、15時まで部屋で無料サービスで休ませてもらうことになった。

7時間の遅延。空港でなく、ホテルで休めてラッキー。
不運があっても、次に幸運がやってきたりするもの。それが人生。

ホテルに戻って、PCをインターネットにつなぐと飛行機が遅延となった公式連絡があり、安心する。
ちなみに、空港に無料 wifi などなし。口頭確認のみで、不安であった。

無料滞在のお礼も兼ねて、ランチは、ホテルのレストランにて。
マッシュポテトの上に、タコ、エビ、マグロの盛り合わせ。産地だけあり、タコはかなりの美味しさ。

カーポベルデは、外海の大西洋で風が強く、潮の匂いも強かった。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ