研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察

 
メキシコ バリアフリー写真

 
メキシコシティ空港 第2ターミナル  (2013年撮影)

タクシー、送迎の自動車から降りる場所から、点字ブロックがありました。同系色。幅は日本の半分。
最短距離で、空港のインフォーメーションまでつながって、終わり。
点字ブロックは日本発祥で、日本が圧倒的に整備が多いですが、外国ではアレンジして導入されることが多いです。

この空港。車いすで働く職員がたくさんいます。述べ10人ぐらい見ました。女性もいます。
搭乗券の検札、ゲート番号の案内などが、彼らの仕事。

日本では、車いすの人が、障害のある人がサービス業に就くことはありません。少なくとも私は見たことなし。
海外では、米国の空港で同じく案内、南アフリカのケーブルカー乗場で検札などありました。職業の幅が広がるのは良いこと。
経済的には日本より貧しく、バリアフリーも不充分なところもあるメキシコですが、先進事例もあります。学ばないと。

空港のトイレ。車いす対応の「ゆったりトイレ」が、どこにもあるのは米国型の整備。一番奥が広くなっています。

 
グアダラハラ チーバス オムニライフ・スタジアム  (2013年撮影)

私はスタジアムオタクです。スポーツ施設を見るのが趣味。そのバリアフリーも気になる。
メキシコ第二の都市グアダラハラにある人気サッカーチーム「チーバス」のホームスタジアムが最新型!
こけら落としは、レディーガガや、マンチェスター・ユナイテッドとの試合も行われました。

試合はなかったけど、飛び込みでスタジアム見学ツアーに参加。
素晴らしいサッカー専用スタジアム。見学に来る人は多いそうな。

車いす席は、1階席の最後列に何カ所もあり。視界も遮るものはなく、素晴らしいデザイン。

こちらはゴール裏。全てのエリアに車いす席があり。ちなみに2階、3階はボックス席。
ボックス席は、12人までしか入れない。リビングや食事もできますが、年間契約でなく、生涯契約とのこと。
このボックス席を持つことは、いわゆるステータスですね。

コーナー付近の車いす席。いいなあ。最高ですわ。米国の会社が設計したそうな。流石にバリアフリーは完璧。
この1階席の最後列は、いわゆるメイン導線で、外からスタジアムに入ったコンコースが後ろになります。

とても広いコンコース。ボックス席や4階席に行くのに、エレベーターもあります。でかい!

 
グアダラハラ市内中心部  (2013年撮影)

街のシンボル大聖堂。裏側にスロープありました。座っている人は物乞い。

州庁舎に、有名な壁画があります。古い歴史ある建物。入口にはスロープと嬉しい。

壁画のある階段には、昇降機で上がることが可能でした。職員に手伝ってもらって上がりました。
ちなみにエレベーター無し。昇降機は怖いです。首が痛くなりますが我慢。贅沢いってはいけません。

オロスコ作「立ちあがる僧侶イダルゴ」 天井いっぱいに、すごい迫力です。

セントロの商店街を歩いて、世界遺産「オスピシオ・カバーニャス」へ。ここにもオロスコの壁画があり。 
スロープが整備されており快適でした。

「オスピシオ・カバーニャス」は、もともと社会的弱者の孤児、病人、高齢者を救うために造られた施設。
現在は、美術館になっている。入口の横に鉄製のスロープ。歴史的建造物を壊さないうようにしていました。

テキーラ(有名な酒を作っている町)の歩道と車道の段差解消(カーブカット)です。
舗装が適当ですが、完全に滑らかにしようとしています。

 
都市間移動 高速バス  (2013年撮影)

高速バスは乗り心地が良いです。世界の他も同様に、これだけはバリアフリーは無理。
2階建ての場合は、1階席が乗りやすいですけど。
最前列の座席を購入して座ります。歩けない私は座席まで、床に尻をつけて両手でプッシュアップして移動。

バスの待合室。便座が2つありましたが、その1つが広くなっていて、プチ「ゆったりトイレ」。
手動車いすなら入れる大きさ。嬉しいですね。バリアフリー。出来ることはする。

バスの待合室のトイレは便座が壊れて無くなっていました。こちらは違うトイレ。
日本と違って、便座が大きいです。広いです。お尻が浮かない私には広い便座は使いやすい。
メキシコは、肥満率が世界一(2012年)で、体重の重たい人が多いため、便座も大きいのです。

 
車いす、妊婦用 駐車スペース  (2013年撮影)

メキシコで気になったのは、このマーク。
車いす用(障害者じゃないですよ!肢体不自由者)の駐車スペースは世界中にあり、
その許可証の発行対象に妊婦を含むことはありますが、最初からマークがあるのは初めて。

そもそも、米国ほど車いす利用者や、障害のある人が外に積極的に出る環境はないため、
ショッピングセンターなどで法律で車いす駐車スペースを作っても、停める人がいない事もあり。
対象者を広げる、せっかくの施設、色んな人に使ってもらうのは良いこと。

許可証の掲示はあまりないようで(発行も微妙)、妊婦さんなんかは勝手に停めています。
一般車が停めるような不正なシーンには出会わず、そのマナーはとても良いようでした。