研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
ニュージーランド バリアフリー写真

 
車いす対応 ゆったりUDトイレ  (2008年 撮影) 

ガソリンスタンドのトイレは、必ず車いすでも入れる大きなトイレが完備されています。
ユニバーサルデザインの見本となるような理想的な整備と配慮です。

ミルフォードサウンズの観光船 乗場のトイレです。
一つが、車いすでも入れる大きなトイレになっています。ドアも外開き。自然な配慮です。

ニュージーランドの、車いす対応トイレは、別途専用に作るのではなく、通常のトイレの一つを大きくする考えです。
その代わり、どこにいっても、一つは大きな車いす対応トイレがあります。

遊歩道にある公衆トイレです。2つある右側のトイレが広くなっており、車いすでも入れるようになっています。

 
ゆったり共用トイレ  (2011年 撮影)

北島の海岸にある公園です。いずれも海岸沿いの公園にある公衆トイレ。
左は2つある公衆トイレがいずれもゆったり型。右は中に広いトイレがありました。

 

田舎町。海岸が見降ろせるところにカフェがあったので入りました。嬉しいことに、入口にはスロープ。それも自然に。
美しい内装。素晴らしい眺めのバルコニー。トイレは女性用が車いす兼用。なんとも素晴らしいユニバーサルデザインです。

 
歩道の底上げ  (2008年 撮影)

歩道の底上げの事例を多く見ることができます。上段は、オークランドの空港です。信号はありません。
下段は、町の中心街の横断歩道です。バンプ(凸)が、自動車の減速、停止を促します。タイルも違います。
歩行者優先、歩行者保護の姿勢です。人間が少なく、交通量が少ないのも、整備ができる理由の一つです。

 
公園 地面の素材変更  (2011年 撮影)

子どもの遊びエリアが、転んでも痛くないように、チップの入った柔かい地面となっています。陸上競技場のトラックと同じ。
これなら安全です。ちなみに駐車場はやはり歩道が底上げされ、歩行者優先でした。

このチップは、歩道と車道の境目としても使われていました。
日本でよく問題となる歩道と車道の段差。車いすや歩行者にはバリア。しかし白杖の人にとっては境界認識として必要なもの。
この海岸沿いの公園に向かう歩道では、公園のようにチップ素材で柔らかい。歩道はタイルです。
素材を変えれば、道路空間と歩道の認識ができます。杖より簡単。踏み心地が違うから、誰もが容易にわかります。
よって全く段差のない、横断歩道が作られます。


ホテル  (2008年 撮影)

平屋建てのモーテルがたくさんあります。部屋も広いです。簡素かつ充分な対応です。
アクセシブルルームでは、入口の段差解消、シャワーに椅子を置く対応です。多くのホテルで対応部屋があります。
クィーンベッド1つというのも多く、ツインが少ないですが、ホテルによっては、クィーン+シングルベッドとなります。

 
商店  (2008年 撮影)

とあるスポーツショップの店内です。奥に行くのに階段ではなく、スロープがありました。嬉しい配慮です。

 
車いす駐車スペース  (2008年 撮影)

専用ステッカーのある自動車は、車いすスペースに停めることができます。アメリカほど数は多くありません。
あまり強調されておりません。通常の駐車スペースも広いため、車いすスペースが特別に広いとも感じません。
ニュージーランドでも、一般車が駐車する問題があるようです。テレビのニュースで取り上げられていました。


車いす駐車スペース 看板  (2011年 撮影)

「Mobility Card」保持者以外は停めてはいけませんという看板です。
カードが発行される基準は、肢体不自由な人などです。障害者手帳はありませんので、障害者駐車スペースではありません。
日本では誰が停めていいのか、曖昧です。都道府県で独自の許可証を発行する場合がありますが、その基準はバラバラです。
障害者手帳=車いす駐車スペース、にしているところもありますが、反対です。
移動障害(障害者手帳保持者に限らない)の人に対して発給すべきです。妊婦や介護などは機関限定の許可証にします。

 
オークランド 郊外鉄道  (2011年 撮影)

郊外の駅です。改札はありません。道路からホームへは直接スロープ。踏切もなし。自己責任。30分に1本は電車あります。
駅はいずれも島型で中央部にあるため、中心部の駅などは、長いスロープが設置されていました。エレベーターは基本なし。
ローテクが一番。お金もかからない。維持費もかからない。日本の地方駅もこうなって欲しいもの。

電車は英国式。ホームと電車に段差があります。1段なら簡単なんですけど。2段あり。
駅には駅員はいないので、行きは周りの人などに担いでもらいました。帰りは車掌がスロープを設置してくれました。
車両の先端にスロープが積み込まれています。車掌が対応してくれます。

ニュータウンという乗換駅です。開放的なデザイン。エレベーターが奥にあり、メイン導線から外しています。

ホームにあった看板。たくさんの絵文字(ピクトグラム)。ユニークな禁止項目もありますね。

ブリトマート駅(オークランド中心部)のホームです。転落防止の警告ブロックと黄色いラインがありました。シンプル。
点字ブロックを黄色に塗ると景観が乱れるのか、ホームと同系色にしています。視力のある人には黄色ラインで警告しています。

 
森林の小路  (2011年 撮影)

北島 ワイボウア・フォレスト。 原生林の森。 トレイル(小路)が、車いすマーク(アクセシブル)でした。
といっても日本のようにコンクリートがちがちにするわけでなく、ダート(土道)で段差がないだけ。傾斜もある。
木々を眺める場所は、自然保護と誰もがアクセスできるようにと2つの意味で、木道になっていました。
NZらしいのは、柵が内側だけなこと。外側には柵や車止めもなく自然がそのまま感じられます。
最低限の安全だけ保証して、極力、自然を壊さない。

一方で、NZで一番大きな巨木にあくせる木道はしっかり安全を重視。距離が短いため。
落ちないように車止めあり。ただしやっぱり柵はない。高低差がないのも理由。そのメリットは自然が近いこと。
雨が多く滑るため、木道に金網を敷いているのが新鮮でした。とても安全。違和感もない。
車いすでも自然にアクセスできること。本当に素晴らしいです。

 
植物園の案内  (2011年 撮影)

オークランド郊外の植物園。入場無料。市民の憩いの場。もちろん完全バリアフリー。ただし森林や芝生は無理です。
小路の中で、車いすNGマークがありました。この先、バリア(車いす通行不可)があることを示しています。
バリアフリーが進んだ環境(バリアフリーが当たり前の環境)では、バリアがあること重要な情報となります。
日本でも、もはやバリアフリーの情報より、どこがバリアがあるのか、そちらの情報が求められる時代になりそうです。