研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
飛騨高山 陣屋

2018年

観光バリアフリーに、いち早くから取り組み、海外からのインバウンドにも成功している飛騨高山。
電動カートに乗る外国人を連れての高山案内。歴史的建物の陣屋も車いすで入れることに驚きました。

障害者手帳があると無料になります。正面の玄関にスロープを用意してもらったり、畳の上を車いすで歩いたりするなど、
色々とお世話や面倒もかけるのに無料とは、申し訳ないが、ある制度は利用させてもらいます。

電動カートで、簡易スロープを上がるのは無理。海外ゲストは、施設にある手動車いすを借りて、それに乗り替えて見学。

私は自分の車いすでそのまま。汚してはいけないので、玄関でタイヤは拭きます。
それでも、車いすのまま日本家屋の中に入れるのは有り難いですね。感謝。

陣屋は、江戸時代の役所。当時の様子が再現されています。規模も大きく、見応えありました。

敷居は段差解消されており、建物内ほとんどの部屋に車いすで入れます。すごい!

段差解消のスロープ。床材と同じ素材で景観も維持。滑り止めまである、親切もの。芸が細かい。
木工工芸の里である、飛騨地域。職人技が垣間見れます!

この広間では、将棋の名人戦が行われました。

建物内。通路以外も、どんどん車いすで入れるんです。
最後の蔵は階段でNGですが、車いすでこんなに廻れるのは凄いです。

外の庭。砂利道を進みやすいように網の目になってました。これだと車いす、ベビーカーでも歩けます。
神社仏閣など、真似して欲しいアイデアですね。流石の飛騨高山。バリアフリー観光都市でした。