研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
大倉山ジャンプ競技場

2007年

北海道札幌市大倉山、スキーのジャンプ競技場。一度その姿を見たかった。
2000年に改装されたとのことで、バリアフリー。札幌ウィンタースポーツミュージアムやレストランがオープン。
車いす利用者の駐車場も、ミュージアムの前にあり、スロープもエレベーターも完備。車いすでも快適に観光できる。

目の前に、スキーのジャンプ台。その迫力はすごいです。
ジャンプ台の傾斜を実際にみると、驚きです。こんなところを選手は飛ぶなんて、すごい競技です。

ジャンプ台を見れて満足していましたが、リフトでジャンプ台の頂上まで上ることができることを知る。
リフト乗場も段差なしで行ける。車いすでも乗れるかも?と思って、チケットを購入し、乗場へ。
すると、スタッフは手際よく対応してくれた。安全のため一旦、リフトを止めて、座席を移る。車いすは違うリフトに乗せます。

座位姿勢が悪い人、足が地面にひっかかる人は、危険ですので、自己責任で乗るか乗らないかは判断を。
電動車いすはリフトに積めないのでNGです。そんなときは手動車いすを借りて、使えばいいでしょう!

 

ジャンプ台の上からの景色は絶景。急勾配のスキージャンプ台が見えないくらい。
ただし展望台には、階段しかないので、1階からしか見えません。とはいえ3階に上っても、ほとんど変わらないでしょう。
展望台にバリアフリーといって無理にエレベーターをつける必要はないでしょう。

標高300メートル。眼下は札幌のメインストリートの大通り。
帰りのリフトは、素晴らしい景色です。高所恐怖症の人は怖いかもしれませんね。

従業員の親切な対応には、頭が下がります。 写真は一緒に行った札幌在住の車いすの知人夫婦。
まさか我々はジャンプ台の頂上にいけるとは思いませんでした! 心のバリアフリー!
リフトの一般開放は、2000年のリニューアル後からのこと。超オススメの観光名所です!