研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
インディペンデンス ボードウォーク 金沢医王の里

2006年  

金沢市の東、山を上ったところに自然林が残る「医王の里」がある。 http://www.iouzen.com/  
スポーツ施設や、キャンプ場、ロッジなどがあるが、車いすでも森の中を歩けるインディペンデンス・ボードウォークが作られている。

  ※インディペンデンス・ボードウォークについて  http://www.846.info/board/index.html

有志が、板を1枚購入し、それを打ちつけていき、道を伸ばしていく。板の打ちつけイベントがあったので参加してみました。
ボードウォークは、本当に自然の中そのまま。天然素材で走り心地も板のぬくもりを感じることができます。
木々もそのままにして整備されているため、木々に触れることができます。車いすでここまで自然に触れられるのは素晴らしい!

 

転倒防止のため柵がありますが、地面に降りれるように柵がないところもありました(車止めはあり)。
インディペンデンスという名のとおり、ここを歩く人々にも自己責任が必要です。それが自然です。

板には、寄付者がメッセージを書き込みます。私も書き込んでみました。
そして自分で打ちつけていきます。メッセージはいずれ消えていきます。最終的には板も自然に朽ちていきます。
天然素材だけで作られていますので、環境意識もバッチリです。

 

車いすでも宿泊可能なロッジがありました。段差なしで素敵です。中には2段ベッドが4つありました。
車いすで利用可能なトイレも完備されており、完璧です。自然林(様々な種類の木々がある)を楽しめる素晴らしい施設でした。

 

2010年に全長510メートル、世界初の立体交差を施した森のバリアフリー小道が完成したそうです。
傷んだ板の交換などメンテナンスも、イベントを通じて継続的にやっておられています。