研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
秋田 竿燈まつり

2009年

秋田県に住む車いすの女子高生と、そのお父さんと一緒に見学。バリアフリー対応がバッチリでした。
障害者用駐車場として、予約すれば会場にとても近い福祉センターに自動車を停めることができます。
有料観覧席も、車いすで見やすい場所を用意してくれます。最前列の長椅子を取り払ってくれます。

通常の路上でも、早めに場所を確保すれば、車いすでも何の問題なく観賞ができます。
地元の車いすの人が何台も、福祉センターの前で場所を確保していました。

夜空に垂れる黄金の稲穂。約250本の竿燈。1万個以上の提灯。
竿燈の妙技は素晴らしいです。本数も多く圧倒されます。 まさに東北の夏祭り。

秋田美人の奏でるお囃子も祭りを盛り上げます。

目の前で演技してくれるので迫力満点です。 どっこいしょ! どっこいしょ!と掛け声をかけましょう。
時折失敗して、倒れてくることがありますが、それがまた盛り上がります。 

70分の演技が終わると、10分間のふれあいタイムがあります。
竿燈に触ったり、写真を撮ったりできます。観光客用のすごいサービスです。お疲れ様です。いい写真が撮れました。