研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
城崎温泉

2011年

日本を代表する温泉地「城崎」。冬の日本海の味覚、蟹を食べに行くことが、関西地方ではステータスになっている。
雪がなくなった3月中旬、鳥取出張の際に立ち寄りました。蟹は食べない。宿泊もしないのだけど。

城崎は、小さな温泉旅館が多い印象。電車でも来れるので、卒業旅行らしき若い女性もたくさん。
魅力の一つは、宿泊客は、7つある外湯を巡れるパスポートを貰えること。色んな湯めぐりを楽しめるというわけ。
宿泊しない観光客も、パスポート(1000円)を買えば湯めぐりが可能です。
もちろん一つだけ、単独の入浴も可能。自動車で来るなら、公営駐車場に駐車です。

事前に、車いすで入れる外湯があるのか、インターネットで調べましたが、公式サイトには何も言及なし。残念。
車いす利用者のレポートもありませんでした。
よって、グーグルの画像検索をフル活用し、7つある外湯の外観をチェック。「一の湯」を第一候補としました。
建物が新しそうだから。入口に段差がないから。目立つ場所にあり大きいから。この3つが選定理由。

旅人の勘は当たりました。
玄関にスロープ有り。段差ゼロ。脱衣場から浴室までも段差ゼロ。完璧です。
それも自然な形なので、とってつけたような設備ではありません。

お風呂には手すりがついているので、支えにすることができます。
車いすから浴槽へと降りて、たっぷりと温泉を楽しめました。残念ながらシャワー椅子は置いていなかったです。

車いすトイレは無いのかと思っていたら、女性浴室の入口横にありました。
もし利用するなら、車いすが置いてあるため、従業員を呼び出す必要が有ります。
エレベーターもありました。これで2階の休憩室と家族風呂へと自由に行くことができます。

いわゆる温泉のバリアフリーは、家族風呂を作ることと考えている場合があります。
特別な施設を作ることが、バリアフリーだとは思いません。できる限り、皆が同じように利用できることが大切。
大浴場へも入れること。段差を極力なくすこと。利用者が自由に選択できることが、豊かなことだと思います。

 

「一の湯」は完全バリアフリー。何の問題もなく車いすで利用できました。
シャワー椅子や、浴槽用の車いすはありませんが、それはあれば嬉しい設備。重要ではありません。必要なら自分で用意すべし。

これだけバリアフリーなのに、一切の情報発信が無いことが非常に残念です。せっかくのバリアフリーがもったいない。
城崎温泉の外湯を車いすでも利用できるということがわかれば、来たいと思う人もいるだろう。

なぜ設備が整っているのに情報発信をしないのか、これには障害当事者側の問題があります。
バリアフリーと言ってしまうと利用者から「こんなのバリアフリーじゃない」と苦情が来るからです。いわゆるクレーム。
リフトが欲しい。車いすのまま入りたい。介助して欲しい。などなど。福祉施設ではないのに。

温泉につかった後は、駅前にある「おけしょう鮮魚」で海鮮丼。1890円。ちょっとリッチに舌鼓。
大繁盛のこの店は、1階が海鮮土産物屋さん。2階、3階が、食事スペース。座席数100以上。団体も可能。
嬉しいことにエレベーターが設置され、車いすでも利用可能です。トイレのドアも広く車いすで入れました(扉は閉まらないけど)。