研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
釧路湿原 遊歩道

2011年

バリアフリーで段差のない遊歩道が整備されているというので、釧路湿原に行きました。5月下旬でしたが、山桜が満開。寒かったです。

遊歩道は有料かと勘違いしていて、有料の展望台の中に入りました。その入口には、親切にバリアフリー木道が水色で表現されていました。階段の場所も記載されており、完璧な案内です。

展望台とは逆の方向、駐車場には入らず、左手にいけば、バリアフリー木道の入口があります。24時間開いているわけではなく、早朝や夕方には門は閉められてしまいます。

湿原だから、平らなのかと思ったら、大間違い。かなりの起伏があります。知床五湖の高架木道なんて甘い、甘い。10度ほどの傾斜がある場所もあり。気合いを入れて車いすをこぎます。

木材が腐食している部分が多数あり注意が必要です。修繕している箇所もありますが、かなりの凸凹です。人も少なく、かなり野性的。動物は見ませんでしたが、鳥の鳴き声はたくさん聞こえました。

スタート地点から900メートル。起伏はあるものの段差なしで、北斗展望台へ到着しました。眼下に釧路湿原。冬ならば、鶴が見れるのかもしれませんが、雪道を車いすで歩くのは不可能でしょう。展望台は大きく、広いのですが、段差解消されておらず、車いすは一部しか見れませんでした。この先の遊歩道がバリアフリーでないので、わざとバリアを作って侵入禁止にしているようでした。残念。

来た道を戻るのは、あまりも面白くありませんが、仕方ありません。それでも一部を、ユニバーサルデザインに誰もが使えるようにしてくれているのは非常に有難いことです。