研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
長野県木島平 馬曲温泉

2015年

新潟県の国境に近い北長野。初めて木島平に来た。
私と同じ名前。なんとなく親近感。でも地元には「木島」姓の人は少ないらしい。以外と少ない苗字です。

さて、日帰り温泉を探して、馬曲温泉へ。山の奥の景観の良い場所にある。その名も「望郷の湯」。
露天風呂と内湯が2つ。つながっていないので、着替えるのはちょっと面倒。

露天風呂へのスロープ。急ですが、ないよりはマシ。
ガタガタ道もあるので、番台のおじさんが一緒についてきてくれた。行きは一人で降りて、帰りは押してもらうことにする。

露天の入口。少し段差があるが、押してもらったら簡単に越えられる。
この程度のバリアーなら、通りすがりの温泉客に頼むこともできる。本当は段差ゼロがいいけど、贅沢は言えない。

脱衣場の建物からは大きな1段あるが、両手で壁を持てば、車いす単独で出入りができる。
多くの温泉に私は一人で入ります。

見事な眺望です。開放感たっぷり!

坂道があるので、帰りはお手伝いが必要。
露天風呂に入るとき、40分後に待ち合わせをして、迎えにきてもらいました。そして押してもらう。親切に感謝!
冬の雪道だと、ちょっと大変かも。雪がなければ誰かに押してもらえば問題なし。

続いて、内湯へ。売店と食堂を通りすぎます。

脱衣場へのスロープ。嬉しい配慮です。
露天風呂へも、なんとか知恵を絞ってスロープを作っていたので、中も期待しましたが、裏切りません。

浴場へは、よくある1段。でもドア横の壁を持てば簡単に一人で乗り越えができる高さです。

内湯の泉質は最高。さすがに温泉地であります。手すりもあるので入りやすい。
露天風呂はどこでも衛生面のことがあり、泉質は落ちますね。

すべてをバリアフリーにするのは難しいですが、できる限りの設備を整える。
係員が適度にお手伝いをしてくれる。ソフトのバリアフリーも充実した、馬曲温泉でした。