研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
摩周湖・屈斜路湖・阿寒湖

2011年

霧の摩周湖。3つの展望ポイントがあるが、車いすでアクセス可能なのは、第一展望台。
駐車場から、展望台へはスロープがあるが、湖が見える地点へは急なスロープなので、誰かに押してもらうことが必要。
第3展望台は駐車料金もかからず良いのだが階段のみ。

裏摩周の展望台。あいにくにの雨。
スロープになっているので、行けるのかと思って一人で一所懸命こいで上がると、最後に3段あってNG。
どうせ雨で景色は見れないのだけど、スロープを作って欲しいなあ。残念。

道路を走っていると名所の案内。神の子池にも行ってみた。未舗装の道。ずんずんと奥にいくと、エメラルドグリーンの池。
駐車場に車を停めて歩いていくのだが、山道、ぬかるみなので、車いすには難しい。
誰もいなかったので、自動車で奥に入っていき、車内から美しい池を拝見しました。


屈斜路湖。湖畔にある温泉が有名。混浴露天。池の湯、コタンの湯、和琴温泉、この3つ。
どれも車いすでも近づけそうな感じだが、和琴温泉に行くことにした。温泉前まで自動車でいける。
先客の地元民が、脱衣所の前に軽自動車駐車。通れないので不満なり。横から廻って温泉へ。

大自然の温泉。自然とわき出す。熱くするには、温泉をせき止める。
温泉には、脳性マヒの人と介助者と計3名で訪れた。セミナーに出席後、私のレンタカーで女満別空港へ一緒したのです。
少しバリアがあっても温泉に入りたい! 根性で温泉に入ってきました。お湯も最高!景色も最高!

屈斜路湖から、女満別空港への道中、大空町にある芝桜公園へ。 
日も暮れかけていたため施設は終了。入場できないが、外からも充分に眺められる。5月下旬~6月上旬がシーズン。
施設は完全バリアフリーのようでした。車いすでも何の問題もなく園内を散歩できます。


マリモで有名な阿寒湖。
小さいときにマリモ
を買って大切に育てていた思い出がある。いつか行ってみたい場所であった。30年越しの夢。
時間がなかったので、ささっとしか見れなかったが、昭和の観光地と感じた。つぶれた温泉宿、シャッターが閉じたままの店。
寂れ具合が悲しかった。お昼はマリモ色の蕎麦。


宿泊したのは、ユニバーサルデザインで超有名な、「ピュアフィールド 風曜日」
全部屋バリアフリー。オーナー夫妻も親切。噂にたがわず良い宿でした。念願の訪問も達成です。