研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
松本城 & 上高地

2007年

国宝「松本城」は、日本最古の木造天守閣。姫路城、彦根城、犬山城とともに四つの国宝城郭のひとつ。
保存状態が極めてよく、素晴らしいたたずまい。本丸へと続く朱色の狸橋には、スロープが設置。嬉しい。

天守閣観光は階段のみ。車いすで廻れるようにバリアフリーにするのは不可能です。
全部ぶちぬきでエレベーターをつければ、内部の歴史建造物を破壊しますし、外側につけても景観を壊してしまう。
中を見てきた同行者は、その素晴らしさに感動していました。超オススメの城ですね。

 

もう一方のアクセス、黒門も段差解消のスロープをさりげなく設置。
バリアフリーに出来るところをしてくれている。天守閣に近づけれるようになっている、本丸に入れるようになっているのでOK。
入場料600円も、障害者手帳があれば無料です。同じ入館料を支払って、同じように全てを見れないなら困りますが。

 

松本城に行く前に、上高地に行ってきました。
11月中旬の閉山日。一般車両は立ち入り禁止のため、タクシーとバスを使ってのアクセス。
障害者手帳があれば、松本警察署でマイカー利用許可証が発行されるそうですが、大阪からだと遠回りになるため、申請せず。

山はもう冬でした。雪が積もっており、せっかくの遊歩道も、根性で田代橋から河童橋まで歩いたのみ。
夏に改めて再訪し、大正池から散策したいと思います。基本的には平らで整備状況もいいので車いすでもアクセス可能です。

 

上高地観光の名所「河童橋」。階段解消のため、横にスロープがついていました。有り難い。
景観に配慮して、ゴテゴテした金属の手すりとかはついていません。当然ですね。
見た目にも違和感がない、利用者に障害を意識させることのない、さりげない配慮。素晴らしいデザインだと思います。