研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
ねぶた祭り

2009年

日本の祭りを代表する、青森のねぶた祭り。多くの観光客が訪れます。
山車が運行する道路は3キロぐらいと長いので、有料席でなくても、早く行けば、観覧に良い場所が確保できます。
お勧めは、交通規制が始まってから解放される交差点です。

いろいろ調べたのですが、車いす用(障害者用)の駐車場はなく、民間の駐車場に駐車しました。
駐車場の問題よりも、宿泊の問題が深刻でしょう。どこも満室。県外に泊まるツアー客も多いとか。私は車で野宿でした。

日も暮れて、祭りがスタート。さすがの迫力です。太鼓の音が響き渡り、ねぶたの山車が練り歩きます。
車いすでも何の問題もありません。早めにいって、路上に陣取って、観戦場所さえ確保すれば大丈夫。
帰りのことを考えて、駐車場に近いところで観戦するのがいいかも。車いす用のトイレも幾つかあります。

日本で最も面白い祭りと期待していたのですが、少し肩すかしでした。
ハネトと呼ばれる踊り子が、ロープで隔離されているのが一つの理由です。理由があってこうなったのでしょうが、一体感はなし。
踊る人、見る人と完全に分かれてしまっている。単なるショー、パレードという感じです。その質はとても高いのですけれど。

 

祭りの期間が長いため、演者が流しているのも気になりました。2日間ぐらいで集中して、燃え尽きた方が面白いでしょう。
しかし、東北の重要な観光資源のため、長い期間、祭りをやらざるを得ないようです。

  

 
青森は、祭りの県です。 ねぶた以外にも有名な祭りがたくさんあります。
弘前「ねぷた」、五所川原「立ちねぷた」、そして下写真の八戸「三社大祭」です。最終日の後夜祭に参加。すごい人でした。
祭りのための臨時駐車場(長根運動公園)から、会場までは坂なので、ちょっと車いすでは大変ですが問題なし。
色んな祭りをハシゴして見るのも面白いと思います。車いすの人もたくさん見学にきていました。