研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
大内宿

2013年

福島県の山奥にある、江戸時代の宿場町がそのまま残る大内宿は、自動車の侵入禁止。歩行者のみ通行可能。
駐車係りに、車いすである旨を伝えると、一番近い場所の駐車場に停めることだできます。

案内図です。大内宿は一つの通りに昔ながらの建物が並んでいます。傾斜も緩い坂道。段差なし。車いすでも問題なし。

かやぶき屋根の建物が残ります。

土産物&カフェの入口に、スロープがありました。

多くの建物は、昔のまま。入口に段差や階段があるため、車いすで中に入ることは不可能です。

メインの通り。地面は舗装されておらず、土なので雨のときはちょっと大変でしょう。
しかし舗装すると、江戸時代の雰囲気はなくなってしまいますから、このままで良いでしょう。

建物の中に入れなくても、外にベンチなど置いてあるため、休憩や食事をとることもできます。

タイムスリップしたかのような街並みです。

最深部は山になっており、上ることができます。山の上から大内宿を眺めれるのでしょう。
山道はもちろん車いすでは不可能、不向きです。

お店はたくさんあります。観光客でにぎわっています。ちなみに大内宿は入場無料。古い街並みです。

お店でつまみ食い。水路が流れているのですが、木の板で段差解消されています。

車いすでも安心して、楽しめる古い街並み。貴重ですね。オススメですよ。