研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
九重“夢”大吊橋

2018年

紅葉の季節。別府から阿蘇山へ。日本一ともいえるドライブコース「やまなみハイウェイ」を走って、九重夢大吊橋へ。2006年に完成した歩行者専用の吊橋。観光施設。新しいのでバリアフリーもバッチリ。駐車場の奥には、屋根つきの車いすなど身体に障害のある人の駐車スペースが6つもあり。駐車場は無料。

標高777m。橋からの景色は絶景。長さ390m、川からの高さ173m。段差ゼロ。車いすでも渡るのもOK。電動車いすも大丈夫でしょう。

対岸に到着しました。写真のように橋の中央部は金網のクレーチングになっており、下が見えます。車いすの前輪がハマらないか心配になるかもしれませんが、安心してください。大丈夫です。ドキドキ感が味わえます。

大きな滝もあります。風もあります。下を見ると怖いです。

対岸に行って戻ってきました。展望台からの眺め。美しい建築物です。人類の叡智に敬意。

ランチは、売店のハンバーガー。有名な人気店のようです。鹿肉のハンバーガーをいただきました。600円と値段も高くない。味も美味しい。お薦めです。


秘境「五家荘(ごかのしょう)」の吊橋

阿蘇山を通って、熊本県南部の人吉に行くのに、国道445号線の狭い狭い山道を越えて、秘境エリア「五家荘」へ。車一台しか通れない箇所も多く、自動車の運転に自信がない人、大きな車で慣れてない人は地獄を見ます。

梅の木、轟公園吊橋に到着。車止めの杭がありましたが、幅60センチぐらい。ギリギリ車いすが通りました。鉄筋の橋は頑丈すぎて、スリルはありませんが、景色はキレイ。奈良県南部の「谷瀬の吊り橋」は、揺れまくってスリル有り。

小雨の中、車いす一人で橋を渡ると、遊歩道が続いてました。誰か車いすを押してくれる屈強な介護者がいれば、行けそうな雰囲気。1人で行ってトラブルあったら、戻ってこれないので、行きのは諦めました。

五家荘の樅木(もみぎ)エリアへ。想像以上に道が細い。まさに秘境。樅木の吊り橋も、車いすで行けるかチャレンジしました。最初の駐車場からは高低差80メートルでNG。集落のある方の駐車場は高低差が低く、アクセスが容易。

集落の駐車場からのアクセスは、車いすを押してくれる屈強な介護者がいれば、車いすでも吊り橋に行けそうです。他に観光客などおらず。車から遠く眺めるだけで終わりました。いつか誰かチャレンジあれ。こちらの吊り橋は、歩くとギシギシ揺れるそうです。