研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
善光寺

2012年

1998年、長野五輪のときに、バリアフリー化に取り組んだ善光寺。
当時は寺で参拝可能にすることの是非や、その方法論など、ずいぶんと話題になりました。
現在、きちんと公式ホームページでも、車いす参拝ルートを表示しているなど対応はバッチリ。

北にある第一駐車場に車を停めて、善光寺へ。
本来なら駅から、参道を上って、たどりつくのを楽しみたいのですが、いきなり本堂へ。
自動車なら簡単にたどりつくので、便利なのですが、それも考えもの。
さて、駐車場から本堂への道。段差なし。推測するに昔は階段だったところが、ゆるやかな坂道になっていました。
砂利道でも、石畳でもなく、滑らかな舗装。違和感のない自然な配慮。

 

正面に行く前に、本堂横にスロープ発見。ずんずんと上っていきます。景観を崩さないように木製の素材。
中に入るところにもスロープがあり、お参りが可能です。

本堂からの眺め。車いすトイレもありました。

ぐるっと廻って正面へ。大きな寺です。
山門には階段があるので、横からまわって下へ降りていきます。通常と参拝ルートが逆だけど仕方なし。

 

段差のなりルートが幾つもあり、隅々まで拝観できます。

坂道を降りていくと、参道の土産物屋さんが並ぶ通り。
帰りは上りになるので、タクシーに乗って第一駐車場に戻りました。路線バスもノンステップなので車いすも可能です。