研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク


点字ブロック
 

歴史  日本が発祥です。世界でも設置は増えてますが、ほとんど見られません。
種類  警告ブロック(点状)、誘導ブロック(線状)の2種類あります。
課題  警告ブロックと誘導ブロックの混同。景観への配慮。雨天時の滑り。

 
日本では、黄色い点字ブロックが整備されています。世界ではあまり見かけません。
駅のホームなど命に関わる場所は、警告ブロックが必要でしょう。とはいえ無意味な設置が多いのが現状です。
点字ブロックを敷けば良い。免罪符的な設置は否めません。

全ての交差点に点字ブロックをひく。誘導のために、なんでもかんでも点字ブロックをひく。
点字ブロックばかりになってしまえば、逆にどれが危険で、道なのかも、わからなくなります。
ガタガタな道になり、杖の人、車いす利用者、ベビーカー、子どもからは逆にバリアになってしまう。
適材適所に、他の利用者のことも考え、設置していくべきだと考えています。

転落の危険性のある場所には、黄色の警告ブロックをひく。
誘導ブロックは、1本の線として、景観に配慮して同系色のものにする。あるいはゴム製にする。
新しい設置方法を考える時代だと思います。
位置情報や誘導は、音、風、匂い、光、など五感を使って示す方法を考えるべきです。


フランス ゴム製 誘導ブロック  (2013年 撮影)

ゴム製、幅は細いが、素材が床と違うので、ハッキリと触覚で認識可能です。非常に素晴らしい誘導ブロックだと思います。
日本の黄色いタイルだと、車いすにはガタガタと大きな衝撃、杖や靴はツルツル滑るのが問題なんですが、それを解決するもの。
写真は、ポンピドゥセンター(現代美術館)と、福祉展示会です。ちなみに点字ブロックは街中にはありません。


イタリア ローマ空港 点字ブロック  (2014年 撮影)

誘導ブロックです。景観に配慮して灰色なこと、幅広(約40センチ)なのが特徴です。触覚性は非常に高いです。
駐車場からターミナルへと移動する建物ですが、そもそもの床材も滑りにくい素材になっています。

こちらは空港のターミナル。搭乗手続きをするところ。ツルツルの石材に黄色い誘導ブロックです。
色が違っているのは、設置年代の違いがあるのでしょう。思考錯誤しながら、設置をしているようです。


イスラエル 鉄道駅  (2013年 撮影)

空港の駅です。日本のように滑りやすい素材ではなく、キュッキュッと滑り止めのような踏み心地です。
突起も小さいので、車いすへの負担も少ないです。おうとつより、素材の変化ですね。

テルアビブ市内の駅です。駅の外では、転換地にとつ状の大きな点字ブロックがありました。

駅のホームです。転落防止のための黄色いラインはあります。でこぼこしています。
誘導ブロックはホームにはありませんでした。


カナダ バンクーバー モノレール  (2007年 撮影)

ホームに黄色い警告ブロックが敷いてあります。日本の設置方法とは違い、ホームの端に敷かれています。
ちなみに街中、道路では点字ブロックは見ませんでした。


アメリカ合衆国   (2008年 撮影)

シアトル市中心部の地下のバス停。ホームの端が大きな黄色い警告ブロックです。
郊外へと続く通勤列車のホームは、黄色ではありませんでした。警告ラインとして黄色い線が引いています。

サンフランシスコを走るBARTです。ホームの端に大きく黄色い警告ブロックです。
駅によっては、停車位置を明確にするため、ドアが来る位置を黒く塗っていました。良いアイデアだと思います。

サンフランシスコ市内の歩道では、2005年ごろから歩道のカーブカット部分に、警告ブロックが敷かれています。
交差点があることの印です。カーブカットは完全に段差がないため、歩道と横断歩道の境目が分かりにくいからです。
日本の点字ブロックとは違い、間隔が大きく、突起も小さいため、車いすへの振動は少ないのが特徴です。配慮しています。


チリ サンチャゴ 地下鉄4号線  (2007年 撮影)

チリで初めて!?視覚に障害のある人への配慮がされています。
日本の点字ブロックは後付けの突起ですが、凹んだタイルとなっています。優れたデザインですね。
これなら突起につまづいたり、ガタガタしたりすることはありません

誘導ブロックはエレベーターまで続いています。
注意喚起は、大きな突起の点字ブロックです。日本と同じですね。でも一面に敷いており、ちょっと広すぎかな?


フィンランド ヘルシンキ バスターミナル  (2006年 撮影)

街中で点字ブロックを見ることはありませんでしたが、1階がバスターミナルの新しいビルには、誘導ブロックがありました。
車いすや歩行者に、バリアにならない、シンプルなものです。

 


フランス パリ市内の道路 & モンパルナス駅エレベーター  (2007年 撮影)

パリ市内の道路。交差点への注意喚起ブロックです。景観に配慮しています。
道路の交差点は、全盲の人が主な対象となるので、ケバケバしい黄色ではなく、道路と同系色が良いと思います。
右は、モンパルナス駅のエレベーターです。改札まで、細い誘導ブロックがありました。珍しいです。 


ギリシャ アテネ  (2007年 撮影)

アテネ五輪(パラリンピック)開催の影響で、点字ブロックが敷かれました。町中で見られるのは欧州では稀なこと。
この駅の点字ブロックは、突起が大きくないので、車いすへの振動は日本のものほど大きくありません。
誘導ブロックは細い線で、幅広い設置が特徴です。分岐点が点表示と、試行錯誤なようです。

 

アテナ市内では、点字ブロックがよく目につきました。日本以外でこんなに点字ブロックを見る都市は初めてです。 

 

景観に配慮して大理石で作ったもの。観光地のアクロポリスに続く、住宅街の坂道です。
道の整備に併せて、ちょっと強引に作ったような気もします。ところどころ途切れます。


インドネシア  (2007年 撮影)

バリ島の歩道で大量の点字ブロックをみました。これら歩道は日本のODA(政府開発援助)で作られたものでしょう。
ご覧のように形だけの典型的な例ばかり。マンホールばかりで途切れ途切れ。そもそも路面状態がガタガタ最悪。
点字ブロックを作る前に、安全な歩道や経路を作るべきでしょう。きちんと作らない限りは予算の無駄使いです。
ちなみに、白杖や、車いすなど、障害のある人は町で一人もみていません。

右写真はジャカルタ中心部の歩道ですが、せっかくのカーブカットも、バイク進入防止の柵がじゃまで、車いすが通れません。
ここにも注意喚起の点字ブロックはあります。うーんなんのため? 無駄使い。他にすることがあるでしょう。
ジャカルタは歩くことを想定した町づくりではなく、歩行は非常に危ないです。暑いので誰も歩かないというのも理由です。

   


インド  (2008年 撮影)

電車のホームに点字ブロックもありました。警告と誘導の両方です。日本みたいにケバケバしくありません。
違うホームにも、警告ブロックがあり、凸凹しています。中央部はつるつるの石。 鉄道大国だけあって配慮があります。
もちろん、街中には、点字ブロックは一つもありません。 駅のホームでのみ、見ることができます。


アイルランド  (2007年 撮影)

ダブリン市内を走る、新しいLRTのホームです。点字ブロックがありました。誘導ではなく、警告ブロックです。
点がとても大きなのが特徴です。わかりやすくするため。景観に配慮して灰色です。
また、車両と路面の境目は白色に塗られて、注意喚起しています。

 

近郊列車は英国式なため、ホームが高く段差は少ないですが、少しだけホームと列車に段差があります。
点字ブロックが警告のため整備されていました。

 

ダブリン市内中心部の主要交差点のみ点字ブロックがありました。横断歩道の前の警告ブロックです。
車いすへの配慮のためか、突起が小さくなっています。電車のホームとは明らかに違う大きさです。
日本の点字ブロックはもっと突起が大きく、車いすではガタガタしますが、この点字ブロックは振動は少しです。

 


オランダ  (2007年 撮影)
 
アムステルダムの中心、ダム広場にあった点字ブロックです。
日本のように凸ではなく、凹んでいるのが特徴です。景観に配慮して周囲と同系色です。注意しないと気づきません。

アムステルダム中央駅と空港駅の配慮です。 ホームの注意喚起は白い丸や点線の視覚効果のみ。凸はありません。
空港駅にのみ誘導ブロックがありました。エレベーターへと続いています。突起は小さいです。ホームは広いです。

 


スロバキア ブラチスラバ駅  (2008年 撮影)

ホームの注意喚起の警告ブロックが敷いてありました。誘導ブロックもあります。
少し複雑すぎる感じもしますが、工夫の跡が見られます。 


シンガポール メトロ  (2008年 撮影)

メトロは完全にバリアフリーになりました。ホームの警告ブロックの敷き方はイギリス式です。
視覚効果の黄色いラインと、突起のある警告ブロックです。


スペイン  (2007年 撮影)

町にもよりますが、大都市の場合、歩道と車道の境目のスロープに警告ブロックが敷かれていることがありました。
あくまで警告ブロックであり、誘導ブロックはありません。右写真も手前が横断歩道になっています。
車道がある、横断歩道があるというために、点字ブロックが敷かれていました。

 

別の町の点字ブロック。やはり横断歩道の前だけ警告ブロックがあります。
車いすなどに配慮してか、突起が大きくありません。町によってデザインがバラバラです。それぞれの取り組み。

これまた違う町の警告ブロック。千差万別ですが、注意喚起という点では共通しています。ちなみに誘導ブロックはありません。


デンマーク コペンハーゲン  (2009年 撮影)

新しいメトロ(地下鉄)です。北欧型の誘導ブロック。しっかりと凸のある1本線です。
転落防止柵がある駅では、ドアの開く位置に点字ブロックが敷かれています。どちらも床材と同じ色にしています。

  

 

国鉄のホームです。色をわけています。日本と同じような点字ブロックもありました。

 


ノルウェー オスロ  (2010年 撮影)

オスロ中央駅には、一部に線状の誘導ブロックが敷かれています。
新しくできたオペラハウスにも、チケット売り場まで、線状の点字部ブロックが最短経路で敷かれています。
北欧でよくみられる、点字ブロックの形状ですが、主要施設でしか設置はありません。


韓国 ソウル市内  (2010年 撮影)

日本を模範として、全く同じ整備をしています。一部、同系色にしたりなど工夫しています。
免罪符としての形だけの整備や、やっつけ仕事も多々見られます。それは日本も同じですね。


中国 西安市内  (2010年 撮影)

日本を手本として、点字ブロックの設置が大通りを中心に進んでいます。市民がどこまで理解しているのかは不明です。
大きな道路、歩道ですので、日本の2倍、3倍の太さです。かなり大きな幅が特徴です。
歩行空間が広いので、歩きやすいですね。ただし横断歩道は少なく、自動車のマナーはとても悪いです。


香港 地下鉄  (2010年 撮影)

警告と誘導を明確に分けています。
ホームドアが完備されているため警告ブロックは必要ありませんが、黄色い線で注意喚起しています。
誘導ブロックは景観配慮なのか、灰色になっています。
乗降部分、ドアの部分が点状になっているのが細かいですが、認識は難しいかもしれません。
点字ブロックうんぬんより、ホームドアが素晴らしいですね。安全確保が第一ですから。


ベルギー 地下鉄  (2012年 撮影)

警告ブロックしかありません。誘導ブロックは無し。
同系色の大きな突起。ただし厚みは少ない。幅が広いので、車いすやベビーカー、杖には負担にならない。
車イス利用者からすると滑らないし、この大きさ形が一番いいかも。

こちらは、観光都市ブルージュ駅。誘導ブロックがありました。幅が60センチと広いです。景観を崩さないように同系色です。
分岐があるとこはタイルが摩擦の大きい柔らかいもの(陸上トラックみらいなラバー)になっていました。


オランダ 国鉄 アムステルダム駅  (2012年 撮影)

ホームにつながる誘導ブロック、とても大きいです。突起は低いです。
ホームには警告ブロックがなく、白い誘導ブロックがありました。これが警告も兼ねています。


メキシコシティ国際空港 第2ターミナル  (2013年 撮影)

降車場から、ターミナルのインフォメーションまでの誘導ブロックです。
景観に配慮してきてか同系色の白色です。凹凸ははっきりしています。幅は狭いです。最短距離で敷設されています。

 


日本 様々な設置例  (2006年 撮影)

ビルの中、エレベーターから図書館まで、絨毯の上に、黄色い点字ブロックが設置されていました。
景観は悪く、車椅子もガタガタ。一般の人も足の裏はガタガタ。過剰な設置の典型例です。
この図書館の場合、エレベーターから壁伝いで簡単にアクセスが可能です。
全盲の当事者からよく聞くのは、海外では点字ブロックは皆無だが道に迷うことは少ないとのこと。
理由として、気軽に人に尋ねれる環境があるから。日本も助け合う土壌を、障害と関係なく作っていかなければなりません。

  ノルウェー人によると、壁があるなら誘導ブロックは全く必要ないと言っていました。その通りだと思います。

UDで有名な、福岡の地下鉄七隈線では、車いすと点字ブロックを極力、すれ違わないように配慮していました。
どうしても車いすが点字ブロックの上を通るところは、車いすが通れるように隙間が作られていました。
点字ブロック(誘導ブロック)と、車いすは利益が相反するのです。

兵庫県の福祉施設、しあわせの村は、白杖の人の利用者も多いのですが、温泉施設に通じる道に、
黄色い点字ブロックとは別に、銀色の細い誘導ブロックが整備されていました。直線で近い方が便利なのですから。

静岡県の施設「富士山こどもの国」です。貝殻で作った点字ブロックが素敵です。
車いすや台車が通りやすいようにスペースも作られていますが、そもそもの点字ブロックの必要性、重要性は疑問です。