研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク


ノンステップバス
 

欧州  世界的に、ノンステップバスの普及が急速に進んでいます。
 普及のポイントは便益者を拡大すること。
 車いすだけでなく、高齢者、ベビーカーも含めてのバリアフリーです。
日本  日本のノンステップバスは、高さが低くなく、ドアも狭いです。
 道路やバス乗場が狭いため、バスへの乗り込みが容易でありません。
 バス路線の減少や廃止が相次ぎ、路線継続も大変です。
理想  もっと開放的なデザインにして、利用しやすくします。
 高齢者、介護、身体障害者など、より多くの人が利用できるようにします。 

 
フィンランド  (2006年 撮影)

市内を走るバスは、ほぼ全てがノンステップバスです。開放的なデザイン。高さもとても低いです。
お年寄りマークも貼られています。もちろんベビーカーも歓迎です。でも飲食はダメよ。
乗降時には板が出てくるので、その呼出ボタンがあります。利用者で最も多いのはベビーカーです。

 


ポーランド  (2006年 撮影)

市内を走るノンステップバスにひあ、車いすマークと一緒に、お年寄り、ベビーカーも書かれています。
つまりベビーカーの利用がとても多いのです。バリアフリーの用途が広いことを表示しています。


ラトビア  (2006年 撮影)

バルト三国のラトビア。新しいノンステップバスが急速に普及しています。


チリ  (2007年 撮影)

少数ですが、ノンステップバスが走っています。町に車いすの人は多くみるので、利用者も多いでしょう。
ドアが広くなっていたり、窓が大きかったり、開放的なデザインです。

 


スウェーデン  (2004年 撮影)

スウェーデンの都市を走る市内バスは全て低床バスでした。車いすでも楽ちん。高さも低いです。
しかし、空港と市内を結ぶ高速バスは、低床でなく普通の観光バス。 運転手に介助してもらいながら乗車しました。


フランス  (2007年 撮影)

欧州の有名観光都市どこでも見られる、市内周遊二階建て観光バスですが、ノンステップがありました。
残念ながら二階には上がれませんが、そこまで求めるのは筋違いでしょう。


アイルランド  (2007年 撮影)

たくさんの二階建てバスが走っています。ほとんど全てが低床。このバスはスロープがついています。
緑色の空港へと行く路線バスも、低床バス。車いす下車ボタンもバッチリあります。

 

 


韓国  (2010年 撮影)

ソウル市内には、2割ほど、ノンステップバスが走っていました。地方都市は、まだ導入が少ないようです。
バスの電光時刻表には、次に来るバスが、ノンステップバスなのかわかるような表示もありました。
2回利用しましたが、いずれも電動スロープで、対応はスムーズでした。