研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク


BRT バス・ラピッド・トランジット

 
途上国の大都市で導入が進む、既存の道路の一部を、バス専用レーンにした交通手段のこと。
世界銀行 World Bank が途上国の交通解決手段として、各地で展開中。
 

利点  導入コストが安い。LRTよりもずっと安い。
 駅が設置され高さも統一し、段差なしでの素早い乗降を可能にしている。
 段差のない構造のため、車いす、ベビーカー、高齢者にも優しい。
 改札製なので、料金支払いの手間と時間がない。
 交通渋滞のひどい地域で、確実に時間の読める移動手段になる。
欠点  主要道路の一車線は専用化されるため、マイカーからは反対。
 何車線もある、幅の広い道路を必要とする。
 大量の人を輸送することはできない。

 
コロンビア ボゴタ 「トランス・ミレニオ」   詳細説明は、こちらへ    (2007年 撮影)

人口700万人を超える大都会。交通渋滞、公共交通の欠如が社会問題であったが、2000年末にBRTが開業しています。


ペルー リマ   (2013年 撮影)

ボゴタの成功例を真似て、南米各地でBRTが導入されています。
リマでも、道路の一部をバス専用レーンにして、2路線のBRTが走っていました。一部は地下道を作っていました。

屋根のない駅もあります。ホームの端がスロープになっています。
高速道路の中州にある駅などは、階段だけでバリアフリー化されていない駅もありました。

車とホームの隙間は少ないです。運転技術でしょうか?
隣国エクアドルの首都キトのBRTは、バス側から渡し板がパタンと出てきて隙間解消していました。

車いすスペースです。混雑することもあるので、車いす、妊婦さんの優先搭乗口などもあります。

郊外の駅にあるバリアフリー陸橋です。ボゴタを真似ています。スロープがあると嬉しいですね。


インドネシア ジャカルタ 「トランス・ジャカルタ」   詳細説明は、こちらへ    (2007年 撮影)

交通渋滞の多い1000万人都市ジャカルタに、2004年に開業。

 


台湾 バス専用レーン    (2009年 撮影)

人口過密の台北。主要道路にバス専用レーンを設けています。
乗場をもっと高くして、完全バリアフリー仕様にしればいいと思うのですが、一部にノンステップバスを走行しているのみ。
ひっきりなしにバスが来ます。本数が多いので便利ですね。渋滞も少ないですから。