講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ラグビー 米国代表×日本代表

2003/05

バルボア・パーク  in  San Francisco, USA


2003年は、ラグビーW杯の年。
サッカーみたいに注目されていないが、日本代表は第1回から、続けて出場。
豪州で10月から開かれるため、代表選手は合宿で鍛える毎日。

そんなこともあって、日本ラグビー協会のホームページ 日本代表ページを愛読。
情報発信が決め細やかで嬉しいです。するとなんと米国遠征の情報が。
しかも、スタンフォード大学で練習をして、サンフランシスコで試合とのこと。
大学をサボって、車で1時間半。スタンフォード大学に練習を見に行った。

いるわ。いるわ。テレビで見ていた選手達が。それも目の前に。
ご存知のように、私は、元ラグビー選手。会社でもラグビー部に所属して応援している。
ここにいるのは、日本ラグビー界の頂点に立つスゴイ選手達。次元が違います。

選手、スタッフ以外は、ほとんど皆無といっていいほど、見学者はなし。
ちょうどサンフランシスコ日本領事が来ていたけど。
もう、かぶりつきで練習を拝見。特別なことはしてませんでした。当たり前か。

ちょうど、この10日前に、全米大学ラグビー選手権準決勝の2試合を見た。
留学するカリフォルニア大学バークレーは、13年連続で優勝している全米一のチーム。
どんなラグビーをしているのかと思ったが、テクニックはなく、体力勝負。
体は大きく、スタミナと、パワーがある。華麗さはないが、ゴツゴツしていた。
バークレーは、なんと番狂わせで負けちゃいました。悔しい。

その米国の選手達を見た後では、さすがの日本代表も小さく見えた。サイズで負けてる。
とはいえ、ついている筋肉の質はすごかった。脂肪が少なく、決め細やか。

練習が終わりました。
外国人選手がいたので、英語で挨拶したら、話しをしてくれました。
失礼ながら名前がわからなかったので聞いたら、アダム・パーカー選手。ロックですね。
いろんな質問にも快く応えてくれました。最後には「好きな選手はいるか?」と。

ちょっと考えて、「大畑」と答えると。「ちょっと、ついてきな」と。
大畑選手を紹介してくれました。なんて、親切なアダム・パーカー選手。感動です。、

せっかくなので、大畑選手とも5分間ほど会話。
ぎこちなかったです。ちょっとだけ緊張したというか、何を話したらいいものか。
米国のラグビーのことや、合宿のオフの過ごし方など。
大畑選手は、噂通り、大阪の気のいい兄ちゃんでした。
自分のスタイルを持っており、周りに流されず格好いいと思いました。
どこの馬の骨ともわからない奴と、練習後の疲れたときに、話をしてくれて多謝です。


5月17日(土) 午後2時

試合当日。予想以上に観客は集まってました。
1852名と試合途中にアナウンス。でも、日本人は30名くらい。完全に米国のホーム。
一応、地元の新聞のローカル・スポーツ・イベント欄に、案内はされていました。

駐車場もない、ただの市民公園のグランド。かなり古い。ボロイ。
こんなところでテストマッチとは。ラグビーは米国でマイナーなんだと再認識。
例えるなら、日本におけるフィールド・ホッケーとか、ラクロスとか、そんな位置かな。

入場料は、25ドル。ちょっと値段が高いけど、仕方がない。
米国は、どんなものでも、きっちり入場料を取ります。大学の試合でもね。
また、少ない観衆なのに、米国らしく、物販や飲食をきっちり売っているのには感心。

日本代表のユニフォームは、このテストマッチから新しくなっているのに、
昔の慣れ親しんだ、白とピンクの縞。桜のジャージが売店で販売してました。

天気は快晴。丘の上にある公園なので景色がいい。国旗がはためくのは、テストマッチの証。
米国代表が、気合を入れて国家を歌ってました。選手がでかい。

キックオフです。前半の最初、日本代表は非常に好調でした。攻撃こそ最大の防御
しかし、米国の固い守りを、なかなか崩せない。
何度も攻撃して、最後はウィングの大畑選手にボールが渡り、先制トライ!
その後も攻め続け。相手の固い守備に苦しみながらも、前半途中で、 17 対 5 。

ところが、点差がついて余裕ができたのか、トライの後のキックオフで、キャッチミス。
そのボールを拾われ、拾った選手がそのままポストの下にトライ。
ちょっと気が抜けすぎです。簡単にトライとられたらダメ。勝てると気が緩んだのか。
相手の一本目のトライも、タックルミスの単発で簡単に取られていた。
日本は、苦労して、苦労して、理詰めでトライをとっているのに。

前半終了前にも、米国がトライ。今度は防御網を崩しての理詰めトライ。
同点に追いつかれて前半終了。流れは完全に米国に向いてしまいました。
前半の早い段階で、もっと点差を広げるチャンスがあったのに残念です。

後半開始。いきなり、スタンドオフの渕上選手が強烈なタックルを受け、その後、米国がトライ。
ラグビーは、後半の最初に得点したチームが勝つとよくいわれます。
さらに、後半4分に、チームの要、大久保選手がラフプレーでシンビン(10分間退場)。
これで日本の負けは決定的になりました。 正直、私は、もう試合がつまらなくなった。

課題であった、セットプレー(スクラム、ラインアウト)は、バッチシ克服してたのに、
接点(ボールの取り合い)で米国に負けていました。
持ち込んだボールが、ターンオーバーされ、相手ボールになり、そのままトライされたり。

米国は接点で、激しいプレーが多く、反則も多かったのも事実。
レフェリーは、なんと接点プレーで、米国選手を2名もシンビンにしている。
きっちりレフェリーも裁いているのに、日本は対処ができていなかった。
さらに、相手が13名のときにまで、トライを取られる始末。
まだ3トライ差で、相手も少ないし、十分に勝てるチャンスが残ってたのに。お終い。
代表選手としての誇り、テストマッチなのに、切れたらダメです。集中力が欠如。

いつのまにか、随分と差がついてしまいました。
下写真で終わりかと思ったら、さらに2本とられて 27 対 69  記録的大敗となりました。


車イス 世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ