講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
イングランド代表

2009/10

Wembley in UK


私と同じように、車いすで世界旅行を楽しむイギリス人がいる。ロンドンで彼の家に泊めてもらった。
ワールドカップ南アフリカ大会予選、イングランド代表の試合があるので、無理いってチケットを取ってもらった。
FA(サッカー協会)のホームページに、イングランド代表試合のチケット購入方法が掲載されている。
車いす席は電話予約して、障害の証明書の提出も必要、チケットは郵送と外国人には入手が困難であった。

観戦には、友人の自動車に乗せていってもらえるかと思ったら、電車で行くということ。
ロンドン中心部の渋滞はえげつないのが理由。二人とも体力には自信があるので、歩くぞ!
しかしながら、電車のバリアフリーは非常に遅れている。古いのも理由の一つだが、意識は低い。
それでも、2012年のロンドン五輪を控え、バリアフリー化は急速に進められており状況は良くなっている。

友人宅の最寄駅から近郊列車で、市内中心部のビクトリア駅まで移動。スロープの写真は近郊列車。
地下鉄ビクトリア駅にはエレベーターがないので、1.5キロ歩いて、ウエストミンスター駅へ。
ウエストミンスター駅から、地下鉄でウェンブリーパークへと移動する。家から競技場まで2時間の道程。

地下鉄のバリアフリー駅には、車いすやベビーカー用の広い改札がある。
とはいえ、これは少数。ほとんどの駅は階段のみ。車両も段差だらけ。駅によってホームの高さも違う。
その代わり、バスはほとんど全てがノンステップなので、車いすの利用は容易。

地下鉄の駅から、ウェンブリースタジアムまでは一本道。信号もない。段差もない。非常に快適。
距離はあるが、大きなアーチを見ながら歩くのは、気持ちがいい。
スタジアム内に入るゲートへはスロープを上がっていくが、別途、障害のある人専用のエレベーターもある。

収容人員9万人。近代的なスタジアム。VIPラウンジが特に素晴らしい。広いラウンジが外から見える。
車いす席は、メインスタンド1階の中段に並んで。素晴らしい最高の場所。
価格は30ポンド(5000円)で、介護者は無料。車いす席の数はそれほど多くない。全部で100台くらい?
この試合は、車いす席は半分ぐらいが埋まっていた。

イングランド代表は既にワールドカップ進出を決めており、消化試合。
それでも予選最終戦。7万6897人の観衆。
3階席には空席が目立つのに、これだけの観衆とは驚愕する。

試合は、3-0でイングランドの勝利。
英雄デビッド・ベッカムも途中出場して活躍。なんと試合のMVPに選ばれていた。

 

スタジアムには車いす専用トイレが4つあった。しかしいずれも施錠されていた。一般の利用を防ぐため。
障害のある英国民は、車いすトイレの鍵をもっており、それを使って利用する。優遇の利かないシステム。
外国人観光客の私は鍵をもっていないので、友人に借りた。もってない人は係員へ連絡だが、面倒。
普通のトイレは階段を下りなければいけない。悪い設計。専用施設は嫌い。

試合は、20時から開始だった。22時に終了し、帰宅したのは24時。
翌朝5時30分に起きて空港へ。疲れた~。


車イス 世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ