講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

リンク画像:木島英登バリアフリー研究所

世界のバリアフリー事情

  ※車イスである私が旅行先で利用した交通機関の紹介です。 

Italy イタリア

空港 ・空港は何の問題もありません。
鉄道 ・大陸列車で段差があります。 通路が狭いこともあります。
・都市間移動の特急は、乗降に介助が必要で、駅員に依頼したり、周りに助けてもらいます。
・新しいノンステップ車両が、通勤電車などで導入され、ホームも底上げされています。
・LRT(低床路面電車)の導入が進んでいます。
自動車 ・レンタカーは最高です。イタリア人は世界一運転が上手いと思います。
・街中はサーキットみたいです。運転に自信がなければ恐いかもしれません。
・タクシーは市内で比較的安価で乗れます。荒い運転を楽しみましょう。
・ナポリは交通渋滞もひどく、道も狭く、運転マナーも荒いので走らない方がいいです。
・アマルフィの海岸は道がとても狭いので、よほどの自信がないと走らない方がいいです。
・市内バスは、ノンステップが増えてきました。
船 ・ベネチアの交通手段はすべて船です。段差なくバリアフリー。車イスで橋を渡るのは困難。 
・トラーパニ(シチリア島) → チュニス(チュニジア) : 乗れます。
・アルバニア→バリ :乗れます。車いす用客室もあり。トイレは施錠で使えませんでした。
町並み ・石畳の道なのでガタガタなのは覚悟しましょう。
・中世からの古い街(シエナ・ペルージャ等中部地方)は坂が多くて大変です。
・南部の建物のエレベーターは小さく、内ドアだったりで乗れないことも多い。
・商店や建物の出入り口には段差があることが多い。
トイレ ・美術館や駅、高速道路のサービスエリアには、障害者トイレがあります。
・便器の高さが高く、足が下につかないことが多々あります。
・車いすトイレが施錠されていることもあるので、その時は係員に鍵を借りる必要あり。

設備は少なく、古い街並みが多く大変ですが、言えば何とかなる国。自己主張して旅行しましょう。
フランスやドイツと比べると、バリアフリーは良いとはいえません。西欧の中では遅れています。

 1994年 1995年 1996年 1998年 2008年 2011年 2014年 訪問 

初訪問   プチ留学  ドロミテ  モンテ・チェルヴィーノ ベネチア / 南イタリア / バリアフリー写真

Travel for All トップページ