講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ

旅コラム 安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

世界のカミキリ

中国の床屋は、売春小屋を兼ねている怪しい店があります。
ケバケバしい外装やネオン、保健按摩と書かれていたり、女性店員だけなど、区別はつきます。
もちろん、こちらでは「髪を切る」まっとうな床屋の紹介です。

 

上海/中国

上海万博を見るために、立ち寄り。いい床屋があったので、切ってもらった。
通常
20元が、10元のサービス中。南京西路の近くで、この値段は安い。サービスや技術も高く、大繁盛していた。
案内係が別に制服を着ていた。スタイリストは自由な格好。男女兼用。入口に
2段あるが、担いでもらいました。

10元(150円)     20106


洛陽/中国

三国志の舞台、北魏の都のあった洛陽。黄河に面した歴史ある都市。英雄「関羽」の墓がある寺の近くで散髪。
この通りは、美容院が
10件ほど密集して立ち並んでいた。男女兼用の店。短く切ってもらった。
腕はいい。値段も庶民価格で安かった。カットのみ。洗髪やひげそりは別料金。

10元(150円)    20104

  


上海/中国

9年ぶりの上海は、全く別の都市へと変革していた。
ゼロから、何百もの高層マンションが建ち、超近代的な高層ビルが立ち並ぶ。
人々の服装も日本と変わらない。おしゃれな美容院、カミキリも多数ある。

夜の9時頃、たまたま下町を通っているとき、段差のない今時の店があった。
上海の夜は賑やかで、どの店も夜遅くまで営業している。

店内は煙草臭い。店員もプカプカ。ダンス音楽が大きな音量でかけられていた。
ここが中国なのだろうかと錯覚してします。香港の店みたいな感じである。
男女兼用のサルーン。下町なので値段は高くない。店は大繁盛。
洗髪を勝手にされたが、座ったまま丁寧に洗ってくれて、最高に気持ちよかった。
技術はとても高く、煙草の煙さえなければ最高の店である。

カット20元(300円)  洗髪10元(150円)   20063

  

  


瀋陽/中国

住宅街の中にある汚いながらも、味のある散髪屋さんに入る。
周りにはオシャレな散髪屋さんや美容院がタケノコのように乱立していたが、あえて昔の中国らしい店に初めて入ってみる。

技術はいい。日本人と中国人に違いはないから。
ぼろくて小さいながらも、道具は一通りいいものがそろっていた。さすがは世界の工場、中国。
言葉が通じないので大変だった。間違えて上を短くされた。
カミソリで剃った後の
ゴミを床にそのまま捨てていた衛生概念は中国にはない。

5元(70円) シャンプーなし。    20047

   


広州/中国

広州のメインストリートに面する店でカット。高級ホテルの隣。1Fのお店。高級店。
男女兼用。中国のおしゃれな美容院は、男女兼用が多い。

座席の横に、テレビがあるのが面白かった。切られながらも退屈しなくてすむ。
他の高級店でも、テレビがついている店が結構あった。
テレビ設置は美容院のステータスみたいだ。
髪をきってくれた男性(写真中央)の技術水準は非常に高かった。

39元 (約600円) シャンプー込み      2001年 7月
   

 

Travel for All トップページ