講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ

旅コラム 安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

世界のカミキリ

マハーバリプラム/インド

南インド チェンナイの南にある観光都市でカミキリ。いくつも散髪屋はあるが、段差のない店を探して、ようやく入れるところを見つけた。技術は悪くないが、刈り方が非常に雑で、髪がひっかかり痛かった。外国人観光客用の料金を取られたかもしれない。

50ルピー(150円)     2008 1

 


コチ/インド

ケーララ州。キリスト教徒が多い都市。駅前通りの超繁盛店でカミキリ。若者に人気。髪を切らない人も大勢、勝手に店に入ってきて、鏡や櫛で髪を整えていくのが面白かった。

値段表には、カット35ルピー、髭剃り30ルピーと書いてあったので、70ルピーを支払ったら、30ルピーがお釣りで返ってきた。どうやらセットで40ルピーみたい。ボッタくることなく親切。さすが繁盛店。忙しいからか、顔のマッサージサービスなどは無し。

40ルピー(120円)  髭剃り 込み     2008 1


ホスペット/インド

南インドの田舎都市にてカミキリ体験。繁華街の繁盛店。街で最もオシャレな店だと思った。ハサミは散髪専用のもの(ドイツ製ではなくインド製だろう)。櫛も何種類かあり。唯一、違うところは、「汚い」こと。顔を拭くタオルはもちろん使いまわし。櫛も掃除しておらずフケだらけ。店もゴミが散乱。インドの衛生概念は非常に低いので注意。

技術は非常に高くて上手である。価格も安いので地元民も頻繁に利用する。露天の簡素な店や、路上にイスだけ置いた店などでは価格はもっと安くなる。モミアゲ、襟足を直線で剃りあげるのは、インド風。

髭剃りを頼むと、マッサージがついてくる。頭や肩を音を立てて叩かれるが、力任せで強すぎて肩こりになった。ゴアで受けたアーユルベーダマッサージもそうだったが、インドは痛すぎる。

頭を揉むまれるのも拷問のように非常に痛くて目を開けれなかった。毛を落とす意味もあるのだろうけど、強けりゃいいって考えなのだろうか?首もひねられた。ボキボキっと音をたてさせられる。怖かった。死ぬかと思った。耳も額を当てられ折るマッサージ。痛い。前髪もヒンドゥーの祈りか?抜かれた。体のマッサージサービスだけは、お断りしたほうが身のためです。

25ルピー(70円)  髭剃り マッサージ 込み   2006 1


アグラ/インド  髭剃り編

髭剃りは、インドでは絶対に体験して欲しい。超オススメ。地元民のキッチリとした店でやっても、たったの10ルピー(27円)程度。髭剃りは普通ですが、その後のアフターサービスが素晴らしく感動もの。

特製バイブレーター(上記右上少年が持っている機械)で、ブルブル。ローション塗って、クリームを塗り、霧吹きで顔に水をかける。仕上げにまたクリームを塗る。あまりの気持ちよさに、同行の妻にも勧め、彼女も不思議体験。

ホスペットのカミキリ屋の髭剃りでも、アグラ以上にサービスたっぷりだったので、インドでは髭剃りに付加サービスがたくさんついてくるのが標準なようです。お肌がきれいになりまっせ。お試しあれ。

 

路上には、イスだけのカミキリ屋さんがたくさんあります。散髪だけのサービスがほとんどでしょう。価格も10ルピー(27円)ぐらい。本当に物価が安いインドです。

 
Travel for All トップページ