講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ

旅コラム 安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

世界のカミキリ

レソト/マセル

南部アフリカ 南アフリカ共和国に囲まれた内陸の小さな山国がレソト。
3000メートル級のトランスバーグ山脈があり、土地は険しく、ドンキーが主役。
経済的には貧しいけど、帽子をかぶる伝統が今も残る、黒人国家。

ダウンタウンの市場周辺を散策していた。
すると、カミキリ屋を発見。ビニール小屋だったが値段を聞いて高いと感じた。
25ランド(400円)。
相手にもせず、他のカミキリ屋を探すと、活気のあるエリアだけに、すぐ次の店がみつかった。

うーん、ビニールハウス。怪しいつくり。でも、体験すべし。
突入すると、店主は女性だった。英語が通じないので身振り手振りで説明。
しかし、黒人以外は切ったことがないせいか、アジア人の私は断られる。
仕方なく、すぐ隣の店へ。そこは「切ってやる」と引き受けてくれた。
  

  
道具を見ると、なんと
車のバッテリーを利用してバリカンを使っている。交流から直流、電流を改造しているのだろうか?
黒人のほとんどはハゲなので、黒人エリアのカミキリは、バリカンが主役。
長い髪の毛の人も、縮れ毛クリクリなので、クシを使っては切らない。

ガタガタになるのではと心配したが、うまくバリカンで処理していった。
で、そのまま良い感じと思ってたら、なぜか仕上がりにハサミでチョキチョキ。

多く料金をもらいたいのか、サービスのつもりなのか、調子に乗ってきたのか、
なぜだかわからないが、最後にジグザグに普通のハサミで細部処理。バリカンだけで仕上げてくれるだけでよかったのに。
結局、
40分くらいカミキリされました。希望より短い髪型にされてしまった。

0ランド (160円)  200312

市場周辺には、多くのカミキリ屋が集まっていた。
ほとんどが、ビニールハウスだったが、トタンの常設店もあった。なかなかいい雰囲気ですね。

南アフリカ共和国には、もう一つスワジランドという内陸の黒人国家がある。
レソトと違って、ほとんど南アフリカと変わらないようなところ。

南アフリカへ抜けるマナンガという、小さなスワジランド北部国境。
国境を越える人々のためか、そこで働く人(通行者はわずかだが)のためにか、空地にポツンと、こちらもカミキリが。
こちらもいい雰囲気なので記念撮影です。
  

Travel for All トップページ