講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ユーロ高にビックリ! (9)

2007/08 - 2007/09

ギネスビール / アイルランド


ライアンエアー

アイルランドといえば旅行者の間では、格安航空会社 RYAN AIR (ライアン航空)がある国。
未訪問であったので、スペインのマドリッドへ移動する際の乗換えで、2泊3日のダブリン旅行。
ギネスビールの工場で、できたての黒ビールを飲むのが目的。

全席自由席のライアン航空であるが、前列2列目を空けておく規則。
歩けない私、搭乗に配慮が必要な人などは、基本的にそこに案内される。

ピストン輸送で、早く乗せて、早く飛び立ちたい、貨物を預けるのも有料の、徹底したコスト管理。
ライアン航空では、車いすの乗客は完全に面倒がられていると感じる。
搭乗に時間がかかる、やっかいな客だと思われている。少なくとも過去4回の利用で私はそう感じる。

Ryanair.com - The Low Fares Airline, cheap flights from Europe, UK and Ireland

初めてのダブリン空港。 クラコウからの飛行機は滑走路へ。ブリッジは無し。
基本的にダブリンではブリッジはなく、飛行機から直接階段が出てきて、乗客は滑走路を歩いて乗り降り。
車いすであることを連絡していたが、ダブリンについてから迎えがこない。 30分待った。本当に。
ちなみに、深夜到着のため、飛行機は、早朝まで空港で待機する。

ようやく迎えが来た。小さい車いすに乗り移り、階段を担がれた。
日中だと25分で乗客を入れ替えるのに、私を迎えるのに30分を要するとは、なぜ?

また、その小さい車いすがお粗末であった。
クッションがついていない。お尻には鉄のフレームが剥き出し。尻の骨を思いっきりぶつけてしまった。
床ずれのできやすい人だと、非常なる問題。アイルランドの車いすの人はクレームしているのだろうか?
一重に、バリアフリーが遅れている証拠である。アイルランドを代表する企業なのに。

さて、飛行機を降りると、自分の車いすが置いてあったが、問題発生! 左のブレーキが外れていた。
ブレーキの部品が紛失しているとは、困った。困った。これからの旅をどうしたらいいの?

バゲッジクレームで話すこと30分。 2日後にまた空港に来るから、見つかったら連絡欲しいと、諦めたが、
職員が駆け寄り、ブレーキが見つかったとの報告。貨物室に落ちていたらしい。
何度か調べてくれと言ったのだが、すぐに対応してくれす、呆れていたが、ちゃんと探して欲しい。

大事な車いすのブレーキが外れてしまうというのは、乱暴に荷物を扱っている証拠。
運賃が激安なのは嬉しいが、ちょっと対応が悪すぎる。
日系航空会社みたいに、車いすをビニール袋にいれて保護するまでは必要ないが、丁寧に扱って欲しい。

ちなみに、EUでは格安航空会社の、歩けない人の搭乗人数制限や対応が問題となったことがある。
現在は、もちろん搭乗拒否はできないし、人数制限もなくなった。 
いまだ日本は拒否や人数制限は存在するのとは違い、進歩しています。

バリアフリーの意識も浸透が進み、バスはノンステップ。2階建てバスも段差なしで嬉しい。
ちなみに電車は、2段の段差。欧州大陸と違ってホームが底上げされているのでギャップは小さい。

市内には新しいLRT(低床トラム)も走っていた。
欧州各都市で急速にトラムが復活しているが、ダブリンにも走っているとは、驚き。 UDにバンザイ!

歩道のカーブカット(段差解消)が完璧にスムーズ(完全ゼロ)なのが多かった。
車いすの私は、快適に動けた街。振動もなく気持ちがいい。日本だと縁石があり1センチの段がある。

8月末の訪問。既に秋の気配か。夏と思ったら寒かった。気温が20度以下。
タートルネックにウィンドブレーカーを装備。
やっぱり天候はよくない。どんよりとした雲。イギリスやアイルランドの気候ですね。

アイルランドといえばパブ。テンプルバーにある賑やかな店。

街を東から西へと横断するように歩いて観光。 派手さのない重厚な教会。

  

歩いて、歩いて、やっとこそ目当てのギネスビール博物館に到着。
入場料は、14ユーロ!(2400円)! 見ごたえ充分、バリアフリー完璧なのだが、ユーロは高いよ。
最上階の展望室で、1杯無料で飲める工場直営のギネスビールは、イマイチ。
期待が強かったせいもあるが、パブで飲む、ぬるい泡のギネスの方が美味しいとの印象。 

ユーロ高。とりわけ食事に困った。あまり美味しくないのに、軽く2000円は超えてしまう。
サンドウィッチも、5ユーロとか。 1ユーロ=100円なら、いいのだけれど。 日本円の弱さを痛感。

アイルランドの2006年 1人当たり国民総生産(GDP)は、5万1421ドルで、世界4位。
落ちぶれた日本は、3万4252ドルと世界18位に。 ユーロ高の影響もありますが、あまりの差。
日本よりずっと給料がいいんですね。そりゃ物価も高いはずです。

経済絶好調のアイルランド。ロンドンのように多くの人種であふれる街。活気があった。
中国、韓国、ベトナム、アフリカ、ムスリム、インド・パキスタン、東欧、移民は20%以上いた印象。
かつて移民を送り出していた国が、いまや移民を受け入れる側とは、時代の変化。

経済成功の背景として、積極的な外資誘致と大量の外国人労働者の受け入れが上げられる。
外国人比率は調べると、14%とのこと。 私がダブリンで抱いた20%の印象は的を得ていた。
ライアンエアーの影響もあるのだろうか、ポーランドなど東欧からの流入が多いらしい。

90年代に同国初の女性大統領となった、メアリー・ロビンソン氏は、日経新聞の取材にこう応えている。
「異なる言語や文化背景を持つ移民は、社会に多様性とエネルギーをもたらす」
「グローバル化は21世紀の国家のあり方を規定する現象で、移民は人間の顔をしたグローバル化である」
「グローバル化を進めるには共通の価値観が必要だ。『倫理的』とは、多くの宗教に共通して存在するもの。つまり人権重視だ。倫理を欠き、最貧国の人々を置き去りにしたグローバル化は抵抗に遭う」

貧しいイメージのあったアイルランドが、日本より経済的に豊かになっていることに衝撃を受けた。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ