講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
オリエンテーリング世界選手権(1)

2004/09

大会出場 / スウェーデン


 
10年ぶりの北欧

2004年オリエンテーリング世界選手権に出場した。
今年から初めて、障害を持った人でも競える「トレイルオリエンテーリング」も
世界選手権が同時開催されることになった。
その日本代表選手として選ばれたのだ。

私とトレイルO(トレイルオリエンテーリング)の出会いは、2年半前。
スコットランドの友人カレンの結婚式に参加したとき、会場までの自動車を
相乗りさせてもらったのが、トレイルO会長のアン夫妻だった。
彼女からカレンはトレイルOという競技の優秀な選手だと聞かされた。
あなたも日本に帰ったら、やってねと言われた。それがきっかけだ。

まだ手探りで始まったスポーツ(レクリエーション?)であるが、これも何かの縁。
世界の大会へ参加することは、旅行に行くきっかけにもなるので、
選手として頑張ることにした。

 ※トレイルオリエンテーリングについての詳細は、こちら 

 
 

トレイルOは、単純に自然を楽しむ一つのきっかけになるので面白い。
車イスの人、障害を持つ人が、失ってしまいがちな自然を感じることを提供してくれるもの。
そして競技においては、障害に関係なく競い合うことができるのが最大の特徴である。
他の障害者スポーツでは、障害の程度によって平等な競争ができなくなっているが、
トレイルOは、タイムを競うのではなく、正解数を競い合うので、障害の程度は関係ない。

日本代表とはいえ、マイナースポーツ。世界選手権も当然のように全て自費での参加。
正直まだ航空券が高い時期。北欧での滞在費も決して安いわけではない。
スウェーデンでの滞在は、競技に集中する3泊のみで、その後はドイツ旅行を計画した。

他の日本代表チームは、先に現地入りをしていたので、
私は一人、ストックホルムの空港から、世界選手権の行われるヴェステロースへ移動した。

空港からのバスはリフトがついているものの壊れていた。運転手に介助してもらい最前列に座る。
日本なら、「次のバスに乗れ」となるかもしれないが、ここはスウェーデン。
設備はそれほど完璧ではないが、心のバリアフリーは進んでいる。
街中のバスは、欧州でもこの5年で急速に普及したノンステップバスだった。
これなら故障もないし、他の乗客にも便利だし、ユニバーサルデザインの良い例だ。

10年ぶりに訪れた北欧は、バリアフリーが想像以上に進んでいて驚いた。
デザインセンスに優れ、機能的な面だけを追及しない姿勢が印象的だった。
駅のエレベーターは、側面にのみボタンがあり、それが実に押しやすい形になっている。

冬が寒いスウェーデン。
ダウンタウンの中心は、雪国らしく、ビルとビルが空中経路でつながっている。
これなら駐車場から、コートなしに買い物を楽しめますね。

日本チームが宿泊するホテルに無事到着。
夜行の飛行機の疲れを癒す間もなく、これから前日の特訓に行きます。
北欧の地形になれるために、現地の地図と照らし合わせて、歩くのです。

欧州では、森は公共の財産となっています。日本では私有地。
住宅地のすぐ裏に森が広がり、散歩や自転車にピッタリ。冬はもちろんクロスカントリースキー。
自然があって、とってもいいところです。


本戦1日目

前日にモデルイベント(練習日)があり、そこで国際基準を確認。
記念すべき第1回トレイルオリエンテーリング世界選手権の参加者は、15カ国から43名
障害を持つ人は、10カ国から20名。混ぜこぜで競い合うのと、パラリンピッククラスと同時に行う。

会場は、でっかい広場。サッカーなど思う存分楽しめる天然芝。奥には広大な森が広がっている。
通常のオリエンテーリングの世界選手権も一部開催されている会場で、賑やかであった。

地元スウェーデンチームの応援団。
近所の高校生でしょうか? 衣装をバッチリきめて、太鼓を鳴らして、会場を歩きます。

通常のオリエンテーリング世界選手権と一緒に、開会式が行われました。
国旗をもった子ども達の入場や、役員の馬車入場など、ささやかながら家庭的な演出。

今回のトレイルオリエンテーリング日本選手団です。
パラリンピッククラスは、私と軽森亜季選手の2名。
左から3番目の児玉さん、中欧の山口くん、右から2番目の藤島くん、計3名の日本代表選手。
そして役員とチームオフィシャル4名を加えた総勢9名です。

2005年に愛知県でオリエンテーリング世界選手権が開かれるので(欧州以外での開催は初めて)、
運営方法の勉強や、委員会とのつながりもかねているので、大所帯となりました。

さて、競技が開始されました。
上記写真は、リトアニアの選手。歩行が可能ですが、長い移動は車イスを使用します。
起伏が激しく、地面もぬかるんでいるので、ボランティアの介助者が1名ついてくれます。

スタート地点へ向かうフランスチームの選手。
競技になると、体力を消耗するより、頭に集中したほうがいいので、介助してもらいます。

初日の成績です。20問中、8問の正解。20人中、15位の成績でした。
パラリンピッククラスでは、この成績だけで優勝者が決定します(一般は2日間の総合成績)。

日本とは高度な問題に、頭をやられっぱなしだった。時間を使いすぎ、最後は足りなくなって
あわてて問題を解いてしまい、悪い成績になってしまった。さすが世界選手権。レベルは高い。

夜は、街の広場でセレモニー。
初代トレイルオリエンテーリング・パラリンピッククラスの表彰式も行われました。
全員が立位を取れる人でした。視線が車イスより上になるから、少し有利なのかも?

1位が、ノルウェーの選手。 ダントツの18問正解 +23秒(正解のタイムを競う旗の数字)
2位が、ウクライナの選手。 15問正解 +74秒
3位が、米国の選手。 15問正解 +82秒

きれいに国が分かれました。


本戦2日目

9月とはいえ、風が吹くと寒い。完全防寒して出陣。
1日目の失敗をしないように、復習をしっかりして、挑んだら、いい成績が取れた。

なんと、18問中 15問の正解。 20人の中で3番目
しかし、この日は個人成績でなく、点数は団体で評価される。うーん残念。
これが1日目なら銅メダルだが、欲張りすぎだ。あまりにも実力不足。まだまだこれから。

軽森選手と合計した日本の成績は、第5位(出場7か国)となった。

パラリンピッククラス、団体優勝 英国チームの表彰式。中央には、友人のカレン。
前日の個人成績では、メダルを一つも取れなかった優勝候補の英国チームは団体戦で面目躍如。

1位 英国  、 2位 ノルウェー  、 3位 リトアニア  の結果でした。

こちらは、一般クラスの表彰式。
地元スウェーデンが表彰台を独占しました。流石、オリエンテーリングの国です。
トレイルオリエンテーリングも全国で大会が開かれ、競技者もたくさんいる。歴史も層も違います。

強豪のスカンジナビアの選手に混じって、日本から、山口選手が、総合6位で入賞。 
画期的なこと。さすが日本のエースです。正解数32問と、私の23問とは、歴然の差。
はやく、私もパラリンピッククラス関係なく、競い合うぐらい技術向上したいもんです。

競技が終了すると、一般の人も楽しむためコースは開放。
同時に、かけまわる通常のオリエンテーリングもコースが開放され、一般市民も参加する。

ロシアのエレナ選手と記念撮影をする 軽森選手。
大会にきた目的である。いろんな国の人と知り合うことを積極的に実践。人気者となってました。

フランスの選手。かわいいですね。

フィンランドチームと談笑する、私と軽森選手。
2006年は、フィンランドで世界選手権が開かれるので、再会を誓います。
その前に、2005年に日本に来て欲しいけど、どうかな?

スウェーデンのチームオフィシャルの電動車イスの人。
初めての世界大会をうまくコーディネートしてくれました。
そして、私がトレイルOをするきっかけとなったカレン。久しぶりの再会です。

競技も終わって、さあお帰り。
電動車イスをスロープを使って、ボルボに収納です。結構アナログですが、基本ですね。

秋を通り過ぎ、冬の気配ただようスウェーデンの森。最高でした。
また、こんな機会でもないと訪問することのない地方都市。面白かったです。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ