講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
西アフリカ 未訪問国巡り(9)

2017/02 - 2017/03

2回目の訪問/セネガル


西アフリカでのグルメ

セネガルは、町中の至るところにコーヒースタンドがある。1杯50CFA(=10円)。クリープのない甘いエスプレッソ。紅茶(パック)も売っている。お薦めは、スパイスの入ったセネガル・コーヒー「トゥーバ」。鍋で炊いている。甘くなく、生姜のような苦味が特徴。これも10円と激安。

フランス植民地の影響だろう、サンドウィッチも美味しい。400CFA(=80円)。ホテル近くの屋台。美味しいサンドウィッチ屋。レバーの玉ねぎ炒め+ポテトフライの具は、最高だった。隣の赤いパーカーを着ている人は、セネガル・コーヒー「トゥーバ」を売っている。

ダカールのビジネス街。都会です。フランス語圏ですが、ホテル、タクシー運転手など英語も結構通じます。観光客やビジネスマンも多いので、移動もしやすいです。イスラムに敬虔な国。正装は、宗教色の強い服装です。

モロッコ航空のオフィスを訪問。リベリアに行くときに紛失した荷物の最終交渉。荷物の番号と紛失証明書がないため、どうにもならないとの結論。これで荷物が返ってこないことが決定。

2回目のダカール訪問。道もなんとなく覚えている。とりあえず散歩。イスラム建築風の市場。

8年前の訪問でも行ったが、再び船に乗って、ゴレ島へ。ダカールの観光名所といったら、ここしかない。港や船が新しくなっていた気がする。

船員は優しく、車いすもひょいと担いでくれる。ただし、強風で外海でもあるので、波は高く、油断は禁物。

かつて奴隷貿易の拠点であったゴレ島。現在は島全体がミュージアムみたいなもの。半日散策すると楽しいと思う。砂の道ばかりだが、一部に石畳があるので、車いすでも少し散策できる。

奴隷の家は、前回に入ったためパスして、現在は平和な島を、のんびり散歩。

セネガルは、バオバブの木が見所。時に群生地が現れます。ゴレ島にも、1本すごい大きなバオバブの木がありました。

セネガルが、西アフリカで一番、食べ物が美味しい国。それに異論はないでしょう。セネガル料理とえいば、ヤッサ(玉ねぎ炒め)。他国でも使われる。ランチは、魚のヤッサ。総じて何でも美味しいセネガル料理だが、ピーナッツソースのご飯は、好きにはなれない。

ダカール市内に戻って、散歩。ダカールは、世界で最も車いすを街中で見ることができる街。多くが物乞いですけど。。。3輪バイクに乗る、格好いいおじちゃんがいたので、写真撮影。

こちらは、4輪バイク。両足と片足がない彼が運転します。左手でアクセル、ブレーキができるようにも改造されています。意外にバリアフリーでしょ。

街中で集団生活する障害者達。彼女の旦那さんは、ダカールの車いすバスケットチームに所属。そのジャンバーを着てました。 

 

車いすの人が、井戸端会議。チャブジェン(魚の煮汁ご飯)で食事中。

都心での、お祈りの様子をビデオ撮影。途中に、車いすの人達も映っています。

 


サンルイ

首都ダカールから、北部の町サンルイを経由して、モーリタニアへと陸路移動する。ダカールの乗合タクシー乗り場は、それまでの西アフリカ諸国とは違って、整然と管理されていた。

乗合タクシーの助手席からの眺め。途中の町の様子。

サンルイに到着。昼ごはんは牛肉。レストランに入ると、イスラム導師のポスター。宗教色がとても強い国です。

サッカー、プレミアリーグを見ながらのランチ。

うんちと違います、牛肉ステーキです。炭火焼きで炒められ、とても美味しいですよ。2000CFA(=400円)で、お腹いっぱい。

サンルイ旧市街、島の街並み。旧居留区。

漁船が並ぶ、港を眺めて。

サンルイは1泊のみで、モーリタニアへと移動。乗合タクシー乗場では、子どもの「小銭くれ」攻撃がうっとおしい。無視しても、次から次へとくる。

サンルイから、モーリタニア国境ロッソへの乗合タクシー。プジョー。ボロボロでした。

なかなか乗客が集まらない。助手席から、セネガル・コーヒー屋を一杯注文。

助手席から見える、サンドウィッチ屋。乗合タクシー乗場(バス・ガラージュ)には、色んな店があります。

主要路線なのに、1時間半待って、10時に出発。2200CFA(880円)。2人いるなら、タクシー乗場までの移動費もかかるから、ホテルから直接タクシーをチャーターして国境にいくのが早いと思う。1万5000~2万CFAで交渉可能。

2時間ぐらいで国境ロッソに到着。バスガラージュから、国境まで500メートルぐらい歩く。リキシャに乗る人が多いが、私はのんびり歩いた。

セネガルの出国手続きをして、国境のフェリーへ。運賃は無料。 川を渡れば、モーリタニアです。

モーリタニアに到着。国境でビザが取れる。55ユーロだった。ネットには、ひどい国境と悪口が多かったが、何のことはない、とても親切で簡単。西アフリカの他国と比べたら、天国みたい。 

船の乗り降りや、入国手続きに、つきまとう兄ちゃんと子供がいた。介助者と思って、開きなおり、建物の段差を担いでもらったり、車いすを押してもらったりした。チップをあげたが、入国直後で通貨単位をイマイチ把握できておらず、ゼロを一つ勘違いしており、日本円にして、600円、300円とあげたので、2人は大喜びだった。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ