講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング


★★★ ムール貝 ★★★

ベルギー

1995/08


おいしい食べ物の順位を決めるのは難しいし、ふさわしくないかもしれない。
おいしいというのは、単に味だけでなく、食べた状況、雰囲気、気候、一緒に食べる相手など
で大きくおいしさが変わるもの。

海外旅行でも、おいしいものにいっぱい出会い忘れない味がたくさんある。
その中でも、ピカイチなのがベルギーの首都ブリュッセルで食べた「ムール貝」だった。

muleshell.jpg (45441 バイト)

ブリュッセルのグランパレスと小便小僧を見た後、住宅街に紛れこんで散歩していた。
すると、腹が減ってきたので、ちょっと小奇麗なレストランに入ってみた。

何を食おうかなと思って、周りの人が何を食べているのかと眺めて見ると、
皆バケツに入った変なものを食っている。
何だかわからないが、私も真似して、指差して同じものを注文する。
それは、ムール貝の山盛りだった。 実は、ムール貝はブリュッセル名物だったのだ。

ある程度、予想はしていたが、バケツ一杯にたんまりムール貝が出てきた。
付け合わせで、フレンチフライも大盛りでている。

貝、貝、貝、貝、貝、、、、

こんなに貝ばかり食べて飽きはしないかと思いつつも、食い始めるとうまいんだ!! 
思わず、ギャルソンを呼んで記念写真を撮ってもらった。それが上の写真です。

何が、うまいのかというと、貝から出たスープがうまいのだ。
人参、パセリ、しょうが、玉ねぎ、白ワイン、匂い消しにセロリ、貝からでた塩味、
他にも一杯の材料が、スープに染み込んでいたと思います。

貝の臭みも消えている。何個食べても、飽きない。私の後ろの女性なんて、おかわりしていました。
一人前で、50、60個ぐらいは、入っているとは思うんだが。。。

・・・・・・

うまさに味をしめて、この後、アントワーペンでもムール貝を食べた。しかし、そこはおいしくなかった。
アントワーペンの店は観光地にあったので、お客も観光客ばかりであった。
地元民のくるところでないと味は大雑把になるのだろう。

ちなみに価格は、ビール一杯を加えて、820 BEF(2572円)だった。
ちょっと高いが、それだけの価値はありあり。

ちなみにブリュッセルは食の都とも言われる。
国際会議がブリュッセルで多く開かれる理由は、食い物がうまいからだとも言われる。
パリよりも、おいしいとも言われる。私は同意します。


2012/06

17年後

ベルギーを再訪問する機会が、17年振りにやってきた。5名の欧州案内。
ブリュッセルでは、20年間の世界旅行で最も美味しかった料理「ムール貝」を食す。

記憶を頼りに、17年前に訪れた思い出のレストランへ行くが、町は様変わり。
セント・カトリーヌ広場の近くに、上記の店はあったと思うのだが、当時はろくな地図も持っていなかった。
結果、生涯最高のレストランは消えていた。たぶん。
欧州はいまやボーダレス。多くの移民や観光客。人の流れは活発。街も変化。

まだムール貝の季節ではないが、ぶらぶらと物色して、ムール貝がメインで提供する店を発見。

白ワイン蒸しを注文。17年前に食べたムール貝と違って、セロリがやたらに多い。
季節でないから、ムール貝が、小ぶりに感じる。貝の味は少し劣るが、食べているとやみつきに。
貝の数は、100は超えていた。重さで1人前を提供していると思うので、貝が小さいと数が多くなる。

案内している5名の紳士淑女も、大きな鍋に100個以上入ったムール貝を堪能!
最初は、1人1つではなく、2人で1つにしようかと悩んだが、1人で挑戦して大正解!

なんというか、食べた!という達成感があるのです。
目の前に出された大量の貝を手でつかんで食いまくる。意地になるというか、止まらない。
途中からは、スープが現れ、貝で少ないがら出汁を味わう。

手で食べるのも、五感を刺激して、美味しくなるのだと思います。
最初(さっぱり)と最後(出汁がでて濃い)で、味が違ってくるのも面白い。

全員が完食でした。1人前は20ユーロなり。やっぱり最高の味でした。

旅グルメ

Travel for All トップページ