講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング


★★★ ナポリピザ ★★★

イタリア

1994/08


イタリアのナポリを観光していると、黄色のテントが張っている素敵な店をみつけた。
テラス席と太陽をモチーフにしたロゴが目印のピッツェリア(ピザ屋)だった。

ナポリといえば、ピザを食わなきゃと、偶然見つけた、この店に入る。
当時はピザの種類も何もしらなかったので、店の名前がついたピザを頼むことにする。

出てきたのは、茄子黄色ピーマンがのったピザだった。
もちろん、中身の濃いトマトと水牛のモッツァレラチーズものっています。
生地は、ナポリ特有のしっかりした味わいのあるもの。夢心地で食べました。

うまくて、うまくて、この味を頭に焼き付けようと食べてました。
今まで食べていたピザとはなんだったのか、ピザの発祥地で考えさせられました。

・・・・・・・・

まず、イタリアのピザは日本人の考えるピザと違います。日本のピザはアメリカンピザです。
イタリアでは、マルゲリータという、トマトとモッツァレラチーズしかないピザが定番です。
具はシンプル。ルッコラ(ハーブ)や、アンチョビ、ハム、きのこ等をのせることもありますが、
トッピングは一つであることが多いです。

イタリアでは、ピザの具を楽しむのではなく、
生地本来の味、トマト、モッツァレラチーズ、
を味わうのがいいと思います。
シンプルなので、具材と生地の味が勝負です。具のトッピングでの、ごまかしは利きません。

また、北イタリアと南イタリアでは、文化も人柄も違えば、ピザも違います。
北のピザは南のピザと比べれば、まずいです。北は生地が薄い。南は生地が厚いと言われます。
それよりも、美味いのは南、不味いのは北です。

大阪のお好み焼きがうまくて、東京など他の地域のお好み焼きがイマイチなのと似ています。


20年後

衝撃を受けたナポリのピザ。あれから20年。ナポリを再訪する機会が訪れた。
レンタカーを運転しながら、海岸沿いにある、お洒落な新しいピザ屋に入った。

同行者はマルゲリータを注文。なんと6ユーロなり。安い!
チーズの量も多いし、水牛モッツアレラだし。それでいて、この大きさ。日本じゃ倍以上するよ。

私は、キノコ入りを頼んだ。トマトがなかった。うーん失敗。ちなみに9ユーロ。
オリーブが多く、ポルチーニ茸がふんだんに入った面白いピザだけど、やっぱりマルゲリータが美味しい。

厨房はオープンキッチン。生地をこねている。新鮮そのもの。人気店でした。持ち帰りも可能。
ピザの値段は激安。飲み物は高いのでそこで採算をとっているようでした。
この価格、この味、この雰囲気。家の近所にあったら通い詰めるのに。


同行者のマルゲリータをつまんだものの、物足りなかったので、その夜も、ピザを食べることにした。
ナポリから移動してローマ空港近くのホテルのレストラン。ルッコラを乗せてもらった(無料サービス)。

でも味は、イマイチ。。。 生地は冷凍。トマトソースもモッツァレラチーズもイマイチ。
悪くはないんですけど、ナポリで食べた後じゃ、普通にそこそこ美味しいピザなだけ。
値段は7ユーロで、大きさは半分ぐらい。これでも日本だと大きなサイズですけど。

日本でも本格ナポリピザを食べれる店が増えてきましたが、料金が高い(仕方ないけど)。
チーズが少ない。トマトソースが薄い。生地がサクサクしすぎて、もっちりしていないなどの違いがある。
20年振りに本場で食べたピザは、やはり格別でした。また死ぬまでに再訪して食べるぞ!


旅グルメ

Travel for All トップページ