講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ニューヨーク メッツ

2003/04

シェア スタジアム


日曜日のデーゲーム。前日の試合が雨だったので、ダブルヘッダーになっていた。2試合みれてラッキー! 

シェアスタジアムは、クィーンズ、ラガーディア空港の近くにある。ヤンキースタジアムと同様に、球場への足は、地下鉄。メッツもまた、駅がバリアフリーではない。マンハッタンから、ラガーディア空港に出て、そこからシェイスタジアムへ。このルートで、つまりバスで、野球場に来ている人は私以外には存在しなかった。うーん、車イスならではの苦労。遠回り。タクシー乗ればいいんだけど節約です。

車イスの人は、事前連絡で、駐車場の優先権が与えられている。ニューヨークは日本みたいに、土地がなく、駐車場の数も限られているので。

チケット購入は、ネットでできなく不便。サイトに記載された、電話番号に電話して、座席を予約。当日、引き取ることにした。よっぽどでない限り、当日に購入しても大丈夫だと思う。

スタジアムは、以前はフットボールと兼用していたこともある。野球場というより、フットボール場という感じがする。外野席もほとんどないのが寂しい。芝が、ホームプレートより放射線状に刈られているが、ちょっと格好悪い。

車イス席は、1階席中央部の最後列。つまりホームプレート後ろ。正規の車イス席は、リフトで1メートルほど上がったところにある。それは15席ほど。ただそれでは足りないのか、中央部の後ろすべてに車イスを座らせていた。ただし、そこは前の人が立つと、視界が遮られる。ホームプレート裏とは別に、ライトとレフトのポール際にも金網越しに座席があり。

写真のように、多くの車イスの人が見に来ていた。価格は25ドル。通常のこのエリアの値段よりもずっと安いし、最高の席。

良い席だという証明に、すぐ前に、スピードガンで、ピッチャーの球速を計測し、スタンドで、球種と共にスピードを表示する職員がいました。つまり真後ろ。なんと良い席なんでしょう。

メッツには、キャラクターの「ミスターメッツ」がいます。しかし、あまりかわいくない。子ども達はサインをねだってました。

ダブルヘッダーの2試合目は、相手の先発ランディ・ジョンソン。メジャー歴代10本の指に入るピッチャーであることは間違いなし。生で見れました!打席は、新庄剛志。ランディジョンソンからヒットを打ってました。ラッキー! メッツのファンは、良いプレーには賞賛。悪いプレーには激しいブーイング。噂に聞いていた、厳しいニューヨークのファンが多く見れました。

          


車イス世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ