講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
オークランド アスレチックス

2003/04 - 08 2002/09 、 1993/08

ネットワーク アソシエイツ コロシアム


2002年9月

初めての海外から9年後。また同じところに戻ってきた。
プレーオフまで残り8試合。アナハイム・エンジェルスとの首位攻防戦を見に行った。

これから始まる1年間の研修生活。バークレーでの住居見学の後にスタジアムに行って、当日券を購入した。
外野席(7ドル)には、車イスで見れるスペースが多数ある。100台以上が観戦可能。
もちろん内野席にも車イススペースは多数存在する。 

また、駅から席まで歩いていくのが大変な人(老人など)のために、
車イスを用意した案内サービスや、駐車場から入口までゴルフカートで案内などの配慮もある。
チケットは、どの席も障害のある人は半額で買うことができる。
どの席もというのは、どのエリアにも車イス席が存在するということ。

平日のデーゲームであるが、大事な首位攻防ということで多くの人が集まっていた。
スタジアムは、NFLのレイダースを誘致するときに、拡張工事をしていて、外野席が超巨大になっているが、
野球のときは遠すぎるので使用されない。ちなみに、野球のときの収容人数は4万3662人。

車イスの人は、100人近くいたかな。電動車イスの人や、お年寄りが多いのが特徴。
日本の野球場では見たことない白状をついた盲目の人も3人見ました。
いろんな障害に応じてアシストサービスが充実しています。さすが米国。
ただインターネットや店頭では、車イス席が買えないのは残念。
電話予約か、直接スタジアムで購入です。外国人には英語はつらいなー。

オークランドが本拠地だけあって、3ヶ月前に観戦したサンフランシスコ・ジャイアンツとは客層が全く違う。
例えるなら、白ワイン と ウィスキー。 橋を渡るだけなのに正反対です。

試合は、アスレチックスが勝ち、首位を奪還しました!


2003年 4月-8月

米国留学中の2003年。アスレチックスの応援に何度も行った。オススメは、レフトスタンド外野席。
熱狂的ファンが多くいるゾーン。日本の応援方法に似て、太鼓を使ったり、旗をふったり、一緒に声援できる。
値段が安いのも魅力です。お見逃しなく。

そのいつもの外野席。とある日曜日のデーゲーム。
前年サイヤング賞バリー・ジート バブルヘッド人形が先着1万5000名に配られるプロモーションの試合があった。
試合開始1時間前に、球場に向かったが、とき既に遅かった。売り切れ。
球場周りは、列を作って並んだ人が食い散らかした後がむなしく目に入ってくる。
試合開始2時間前には来て、並ばないともらえないのは確かだった。
バブルヘッドをもらって、駐車場でバーベーキューして試合開始を待つのがいいだろう。

バブルヘッドを貰い損ねた、その日。とうとう私の生涯の夢が実現するチャンスが訪れた。
それは、ホームランボールをキャッチすること。 小さい頃からの夢の一つである。
日本の野球場だと、車イスで外野席で応援することは、ほぼ不可能。
なぜなら、外野に車イス席があるところは少なく、あっても最後列とかである。
このオークランドは、高い位置に席があるが、大きなホームランなら十分キャッチ可能。

7回の裏。キャッチャー フェルナンデスの打球が、自分のところにライナーで飛んできた。
帽子を脱いで、緊張しながらあわてて捕球体勢に入る。
車イス席は前より4段ほど高い。それに前の席の2人は席をはずしていた。マジで? と思ったが、
右斜め前のおっさんが、グローブを持ってきていて、横から手を伸ばし、10センチ手前で見事にキャッチ。
お見事としかいうことがなかった。そのおっさんのグローブなかったら、私がキャッチできたのに。。。
ホームランボールを見せてもらったが、メジャーリーグの刻印がちゃんと押されていた。

千載一隅のチャンスを逃した。いつか、この夢が実現する日は来るのだろうか?
棺桶に入るまで一生、2003年5月25日の試合を嘆いているかもしれない。


1993年8月

ホームステイ中のホストファミリーが、メジャーリーグのチケットを買ってくれた。専用のホットラインで電話予約したらしい。ホストファミリーの男兄弟3人(みんな父が違う)と日曜のデーゲームを観戦に行く。席は、三塁側の車イス席で見た。

見に行ったオークランドアスレチックスは、1980年代最強だったチーム。ルーキーでホームラン49本打ったマグワイアや、カンセコ、福本豊の盗塁世界記録を塗り替えたリッキーヘンダーソン、押えのエカーズリーなど私も大ファンの球団だ。しかし、この時は、過去の強さはどこへやら弱い球団になっていた。マクガイアも怪我で欠場していて見れなかった。試合も延長の末に負けた。それでも、本当に楽しかった。

試合前から、駐車場でバーベキューして酔い気分になってから野球観戦する人々。チャンスと見るや大声援。凡ミスには見方だろうがブーイング。打球の響く音が聞こえる。いいよなー。

usa04.jpg (22301 バイト)

試合後、外野席を覗きにいった。 外野はどこでも車イスで見れるようになっていた(改装前のスタンドです)。席が選択できる自由があるのはいいよなー。甲子園球場なんて3塁側の内野の隅しか車イスないもんなー。

結論: アメリカは、どこでも簡単にスポーツ観戦は出来るでしょう。

     


車イス世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ