講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ボルチモア オリオールズ

2003/04

カムデンヤード


メジャーリーグは、新球場建設が、ずっと続いている。
新しく建設されるのは、日本のようなドーム球場ではなく、天然芝の屋外、野球専用。
ネオ・レトロ
と呼ばれる、どこか懐かしい感じのする温かい野球場。

球場も左右対象でなく、どこかいびつ。その土地ならではの工夫もいっぱい。
そのネオ・レトロ球場建設ブームのきっかけとなったのが、このカムデンヤードの成功。

同時に、野球場は、郊外化で空洞化したダウンタウンの再開発も兼ねています。
郊外からダウンタウンへ。これも新しい球場の潮流です。
なぜなら、周りの風景と野球場を溶け込ませるためなのです。
ボルチモアも、センター後方に、ダウンタウンが見れて最高です。

さあ、やってきました。カムデンヤード。
ライトスタンド後ろは、レンガ作りのビル。それをそのまま球場の風景として残している。

ダウンタウン側の入口。ベーブルースの銅像があったり(生まれ故郷)、視界も広く最高。
広いバーベキューヤードもあるし、立見席もあったり、歩いているだけで楽しい。
スタンド席下の通路も広く、トイレも多く、売店も多く、すべてが完璧な設計。

係員は、なんとまあ、オレンジの蝶ネクタイをしている。格好いい。
座席につくとき、彼らは、すっとハンカチを出して、座席をふいてくれます。
感動です。
素晴らしいサービスです。古き良き時代にタイムスリップ。
試合中の盛り上げるMC、ファンの応援方法も、とっても良い。ファンサービスもダントツで素晴らしい!

車イス席は、各エリアに大量にあります。選び放題。当日でも十分OK。
私は万全を記すべく、事前予約して、3階席のホームプレート真後ろをゲット。
そこが最もコストパフォーマンスがいいと思ったので。
購入は、専用番号に電話予約(ファックス予約)でした。ネット購入がないのは残念。

ダウンタウンのど真ん中にあるので、観光客にとっては快適です。
球場の前に、ライトレールと呼ばれる路面電車が走っている。
ライトレールは全てバリアフリーなので、とっても便利。駅や空港にも簡単に行けます。

ネット購入さえできれば、座席表に車イス席の表示さえしてくれれば完璧なんだけど、もう何も言うことなし。
ぜひ、皆さんにも訪れてほしい最高のボールパークです。


 

     


車イス世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ