講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
シアトル マリナーズ

2008/09

セーフコ フィールド


イチローが所属する、日本でもおなじみの野球場。素晴らしい球場も、チームが弱い。
最も多くの日本人が訪れた米国の野球場であろう。私も多くの日本人観光客を見ました。

球場は、シアトルのダウンタウンの南側にある。アメフトの球戯場と併設。
中心から2キロほど。歩いてもいける。ノンステップバスも走っている。
2009年には、LRT(ライトレール)も走るので、その駅もできると、更に便利になるだろう。

試合の周囲も雰囲気が良い。地ビール倉庫や、ホットドックとピーナッツの屋台。
ネオクラシックな外観も素晴らしい。入口は四隅にあり、どこからでも入れる。

シーズン終盤の消化試合。客席はガラガラだと推測したので、現地でチケット購入をした。
人気のあるチームとはいえ、30球団で最下位のマリナーズ。弱すぎます。

座席表には、特に車いす席は記載されていない。
しかしながら、どの価格帯の席にも対応席はあるとのこと。どこでも座れるから記述がないのか。

一番安い8ドルの席(センター後ろ)にしょうか、次に安い16ドルの席(レフト後ろ)にしようか、
イチローが見れるライト後方の30ドルにしようか、全体を見やすいアッパーデッキの22ドルか、
悩んだあげく、30ドルを出して、イチローを見れるライト後方の席を購入した。

一階席の最後部は、すべて車いす対応席になっていた。その数は、500席ぐらい!
○●●○○○●●○○○●●○  ○が座席を抜いたところで、車いすが入れる仕組み。
中央は、通常の3つの座席を動かして、車いすが2台入れるようになっている。
同行者は通常の座席に座って観戦する。

ライト後方のイチロー観戦席だったが、この試合は、イチローはDHの出場で、守備をしなかった。
せっかくお金を出して、この席にしたのに、イチローの守備を見れないとは、ついていない。

空いているし、時間もあるし、消化試合だし、球場内をぐるぐると探検しました。
オススメは、レフト後方の座席です。値段は安い。天井がないので見やすいです。
ライト後方も含む1階席最後列は、上にスタンド席があるので視界が開放的でなく、好きでありません。

レフト後方の座席では、あらかじめ車いす席は抜かれています。
高齢で歩くのが大変な人、ケガした人なども購入して座ることもあるため、パイプ席を置いています。

こちらもオススメのアッパーデッキ。アメリカでよくみるタイプの車いす席です。
視界を遮られない。導線が上手に設計され、立ち見する人も少ない。理想的なデザインです。

球場には、2ヶ所、大きなスロープがありました。海外のサッカー場でよく見ますね。
満席で退場するとき階段だと危ないからです。またエレベーターが壊れたら代わりの導線になります。
私もエレベーター(車いす、足腰の不自由な人専用)が混雑するので、帰りはスロープで下りました。
複数の導線。非常時の退去ルートも大切です。

最高の野球場。最高のファンサービスでした。


車イス 世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ