講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ニューヨーク ヤンキース

2003/04

ヤンキー スタジアム


日本中が熱狂した松井とイチローの初対決。その試合にあわせて、ニューヨークを訪問した。
米国留学中の私は、春に東海岸の大学を訪問することになっていたため、
思案を重ね、野球をたくさん見れるスケジュールを組んだのだ。その中心は「ヤンキース対マリナーズ」。
年初の1月には、バックネット裏とライトスタンド最前列のチケット手配を完了し、準備を整えた。

まず予備知識として、NYの地下鉄は全くバリアフリーではない。
エレベーターのある駅もあるが、20分の1くらい。使えないといったほうがいい。
郊外電車は3分の1ほどがバリアフリーとなっていた。
その代わりのためなのか、バスは全てリフトがついていて、さらに車イスの乗客は無料にしている。
よって、車イスでNY観光する場合は、バスが移動手段となる(お金があればタクシー)。

ところが、ヤンキースタジアムへの交通手段は、地下鉄。
マンハッタンから、バスで行くとなると、2回は乗り換えがあり、結構大変なのである。

私は、マンハッタンの北部までバスで移動し、そこから歩いて橋を渡る方法を選択。
その橋の上からの写真が上。NYはタクシーが安いので、タクシーを利用するのが最も確実か。

長嶋茂雄が解説に来ていたという、2003年4月29日 の試合。
メジャーリーグは、座席数が多く、試合数も多いので、よっぽどでない限り当日に席が買える。
もちろん満員でも、ダフ屋がいるので大丈夫。必ずチケットは手に入る。ただしプレーオフは例外。

ヤンキース週末のデーゲームなら人気だろうが、肌寒い春の平日ナイトゲームは空いている。
この試合も、余裕で当日券がたくさんありました。
ただし、良い場所の席は、年間指定席や前売りで、すぐ売れてしまっています。

とにかく日本人が、やたらと多いのに驚いた。もちろん私もその一人。
日本からの観光客以外にも、当地在住の人まで、その数、うーん3000人くらいいたのではないか?
ビックリしました。球場の周りでは、日本のテレビ局が取材しまくり。

注目の1試合目は、バックネット裏の席。50ドル。打席はイチローです。
半年前から手配した、自信の座席。ヤンキースは座席選択の種類が多く最高っす。
こんな良い席で見れるなんて幸せ。年間指定席エリアなので、日本人観光客は少ない。
イチローの打席を撮影です。

この試合は、大学時代のサークル仲間サチコと一緒に観戦。最高の席でしょ。ね? 
彼女は米国の投資会社に勤務するバリバリのニューヨーカー。格好いいね。
久しぶりの再会。成長したお互いがいて、嬉しいもんです。


2試合目は、ライトスタンド最前列。30ドル。
外野席は、確か8ドルだったけど、そのちょっと前なんだけど、とても良い席。
最初、8ドルの席に案内され、係員に猛烈抗議。30ドルなんだぜ。係員の対応は最低でした。

座っている客は、私だけ。車イスの観客だけが入れる特別のエリア。
もしホームランが飛んできたら確実にゲットできる。残念ながら、飛んでこなかったけど。
イチローウォッチングするには最高の座席です。オススメ。松井の打席を撮影です。

ヤンキースは、サイトで車イス席の言及は、座席表もバッチシ開示。
ネットでチケットを購入する際も、一般席と同じように、最初から座席を指定して購入できる球団。
たいていは別問い合わせか、電話なのに、非常に対応が良い。さすが、メジャーを代表する球団。
車イス対応も流石です。
しかし、トイレは車イスが入るとドアがしまらない、適当な改造で呆れてしまった。

しかしながら、スタジアム自体の魅力は全くない。
歴史はあるかもしれないが、これといった特徴もない古くてボロイ球場。
他球場で当たり前の、球速表示、球数表示、選手の詳細データなどがない。
映像や、MC、エンターテイメントは少ない。あまりにシンプルすぎて退屈。
ただ、NYのファンは熱狂的だし、観客も多いので、盛り上がる声援はうるさいのが救いです。


         


メジャーリーグ 車イス席 観戦情報

車イス世界のレジャー観戦情報

Travel for All トップページ