講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

リンク画像:木島英登バリアフリー研究所

世界のバリアフリー事情

  ※車イスである私が旅行先で利用した交通機関の紹介です。 

Mongolia モンゴル

空港 ・空港は問題なし。ブリッジもあります。機内用の車いす(収納用)もありました。
・国内線は小さい飛行機なので、滑走路を歩いて、飛行機から出る階段での搭乗となるでしょう。
自動車 ・ほとんど白タクです。外国人観光客には、普通の車との違いがわかりにくいです。値段は交渉。
・タクシーは、借り切りチャーターして利用するのが現実的でしょう。
・バスは走っていますが混雑しています。ウランバートル市内はいつも渋滞。もちろんノンステップでない、とても古いバスです。
町並み ・ウランバートル。世界で最も車イスが歩きにくい町ともいえます。
・車道はマナーの悪い車で溢れて大渋滞。歩道を歩かないと危ないのですが、段だらけ。
・すべてのビル、商店、アパート、どこも入口は階段や段差です。とてもじゃないが動けない。
・道路の損傷も激しく、路面状態が悪く、ガタガタです。
・街中で障害のある人や、車いすを見ることはないでしょう。スロープ設置もまったくない状況。
トイレ ・洋式トイレは多いです。
・空港に車いす対応トイレがありました。

首都ウランバートルだけの訪問です。
中国寄りかと思ったら、ロシア寄りでした。旧ソ連の国々と似ています。画一的な街。バリアフリー配慮なし。
トイレもない大自然。草原で馬に乗ってゲルに泊まれば、モンゴル旅行も楽しいでしょうが、車イスには難しいですから。

 2012年 訪問 

モンゴル 旅コラム

Travel for All トップページ