講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ユーロ高にビックリ! (8)

2007/08 - 2007/09

クラコウ & アウシュビッツ / ポーランド


観光都市

ウクライナの古都リビウから、電車にてポーランドの古都クラコウへ。
ポーランドに入国してから、電車を乗換なければならないが、切符は一枚なので気づかなかった。
知らず寝ていたら、親切なポーランド人が起こしてくれて、車いすを担いでくれた。命拾い。

ポーランドの電車には、ポーランドの駅員さん3名が担いでくれた。
ウクライナではこんなに親切なことはなかった。またポーランド側の駅には、エレベーターがあり嬉しい。

クラコウまでは、所要6時間。 232ウクライナ(約5500円)。電車はガラガラだった。
クラコウ駅のホームは底上げされており(右下写真)、乗り降りが非常に簡単であった。

 

ウクライナからポーランドへ。同じ大地。国境を越えただけで車窓はずいぶんと変化した。
家は花を植えたり庭の手入れがされているし、町が美しい。道路にはゴミがない。心が豊かになる。
国境を越えると、ここまで違うものかと不思議な気持ち。
 
でも、クラコウで出会った日本人旅行者に話すと、彼の印象は、

 「ドイツ、チェコ、ポーランドと汚くなった」 
 「ポーランドに入国したとたん、全てが古くて、とんでもない国に来たと思った」 とのこと。

旅の順路により、その国の印象は変わるものです。

さて、クラコウ。非常に素晴らしい観光都市。見所たくさん、歩いて散策、平坦で疲れない。
アウシュビッツ収容所も日帰り観光できるところにあり、多くの観光客が来ていた。
欧州らしい町並みを気軽に楽しめる、車いすでもOK,旅行ビギナーには特にオススメな街である。

クラコウは、適度な大きさで、歩いて観光できることもポイント。
素晴らしい広場があり、観光シーズンの夏は、毎晩クラシックコンサートが開かれていた。

街のあちらこちらで尼僧さん旅行者をみかけるが、バックパックを担ぐ人までいる。
前法王ヨハネ・パウロが、クラコウの出身なのだ。すごい人気です。
また、車いす(老人)の観光客も多くみかけた。隣国ドイツからのツアー客だと推測される。

 

中央駅から旧市街へは地下道をくぐることになるが、ユニバーサルデザインが採用。
長いスロープがあるので、車いすでも快適です。 観光エリアである旧市街にある公衆トイレも、
車いすで入れる段差のない大きなのも用意されていた。すごい!日本も見習って欲しい。

旧市街のど真ん中にある 聖マリア教会
11時50分、秘密の聖壇、御開帳にタイミングが合った。

豪華絢爛。金ピカ。これぞカトリック教会。
キリストに抱かれたマリア様の像がある。隠れてマリア信仰をしていたのだろうか?
ステンドグラス、刺繍、金彫刻、全てが素晴らしい。ミサや懺悔など、一般市民も日常的に利用している。

旧市街を南に出たところにあるヴァヴェル城。
スロープはそれほど急ではないので、充分、車いすでも観光が可能。

ヴァヴェル城内にある不思議な植木。とりあえずパチリ。

ヴァヴェル城の中にある教会は有料なため、見学をパス。
どちらにせよ階段があるため、車いすではNG。

裏側から城の外に出ると、ポーランド人に一番の人気スポット「竜の洞窟」がある。大行列。
ポーランド人なら誰もが知っている童話。勇者が姫を助けるために竜を退治するというもの。
洞窟の出口には、竜の像があるが、時々、本物の炎を吹き上げる。
どこか影で操作していると推測されるが、子ども達は喜びと驚きで大興奮。

  

竜の像の近くには、ぬいぐるみを売るお土産物屋さん。ポーランドの子ども達に大人気。

クラコウの街なかでは、プリッツェル屋台がたくさん。
1LOT(40円)と、値段は手頃。朝ごはんやオヤツに庶民の味。パリッとした食感がとても美味しい。

 

ちなみに、クラコウには、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵がある。 チャルトリスキ美術館。
だがそこは古い小さな建物で、狭い階段のみ。車いすはNG。 できれば拝みたかったのだが残念。


アウシュビッツ収容所

クラコウから電車で1時間半。オシフィエンチムという駅が最寄り。
クラコウ駅では、ホームに段差がないのに、オシフィエンチム駅では、大きな段差。困りました。

 

オシフィエンチム駅で、1人の日本人旅行者と出会った。
声をかけて一緒にアウシュビッツ収容所を廻ることに。駅から歩いて15分。

内部の道は凸凹。当時のままだから仕方がない。
レンガ造りの、しっかりとした建物。整然とした配置。街路樹も大きく育っており、
ここが殺人工場だったとは、にわかに信じにくい。

 

展示室の入口には、7段の階段。
担いでもらって全ての展示室を見れないことはないが、面倒なので、厳選して見学。
6号練、11号練を担いでもらって見学。団体客など非常に多くの見学者がいるので、人手には困らない。

 

アウシュビッツを見学した後は、無料バス(低床でなかった)に乗って、ビルケナウ収容所へ。所要5分。
より広大な敷地。寒い風。こちらは殺人工場というのにピッタリ。
線路の終点は、毒ガス室と焼却炉。なんと150万人の命が奪われたという。追悼。

クラコウから、行って、帰って一日がかり。 思ったより遠く、時間がかかりました。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ