講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
ユーロ高にビックリ! (7)

2007/08 - 2007/09

キエフ&リビウ / ウクライナ


夜行列車

モルドバからの列車。一等席だけあって広くて豪華。車掌さんに声をかけて担いでもらった。

同室の人は、ロシア人女性であった。 「着替えるから外に出てくれる」と言われたが、
車いすの私には難しい要求。見ないように後ろを振り向くことで、彼女は部屋着に変えた。

深夜。モルドバ出国のとき、出国税 8Lei(80円)を支払わされた。
10Lei札を出したが、お釣りをくれなかった。一方的。小銭が少し残っていたので良かったのだが、
同室のロシア人女性は、何も支払っていなかった。言葉も通じないし、よくわからない出国税。
ウクライナも日本人はビザ不要となったので、入国は簡単。時代は変わりました。 

  

翌日の正午過ぎにキエフ駅に到着。列車はモスクワまで行くので、更に多くの乗客が乗ってきます。
モルドバから乗ってきた人は、外で休憩。猛暑のため男性陣は上半身裸ばかり。

  

さて、どうやって外に出ようかと思っていると、ホームにエレベーターがあった。
しかし鍵がかかっていて動かない。インターホンがあるので、押してみても反応がない。 やっぱり。。。

仕方なく、長い長いホームを移動して、端までいくと、ありましたスロープが! これで横移動ができる。
お腹が痛かったので、さっそくトイレを探した。列車の車内は狭いので、車いすは動けなかった。

一般トイレの掃除のおばさんは、車いすの私が中に入るのを静止。入るな!と意思表示。
和式しかないのかもしれないが、あまりにも冷たい。

10以上の島型長距離列車ホーム、8つの終着駅型近郊列車、地下鉄がある、巨大なキエフ駅。
探索すると、メインターミナル南端にある待合室の一角に、車いすマークを発見
車いす、高齢者専用の待合室となっていた。ゆったりとしたソファがありくつろげるようになっている。
受付のおばさんがいて、列車への介助なども受け付けているのかもしれない。
奥には、車いすでも使える広い洋式トイレが2つ。バリアフリー設備があることに驚きでした。


キエフ観光

キエフ市の人口は、272万人(2007年4月)だが、実感としてもっと住んでいるのじゃないかと思う。
郊外にどんどん高層アパートが建設され、中心部も多くの人で賑わっていた。

市民の足は、メトロ(地下鉄)とバス。
料金はどちらも 0.5UAH(10円)。共産主義の名残から、ほとんど無料に近い料金。
よって人々は歩かない。短距離でもメトロやバスを使う。タクシーは交渉制で、値段は安くない。

住宅街をうろちょろしていると、大麦ジュースの屋台を発見。やっぱり美味しいです。
そして、床屋も発見。なんだかカジノのような外観。派手です。

キエフ市内観光の目玉といえば、ぺチュルスカ修道院(通称:ラウラ Lavra)。キエフ正教会の本山。
メイン入口は、坂、坂、坂。 さらには凸凹の石畳。

オリエンテーリングの世界大会に一緒に参加する仲間がいたため、後ろを押してもらいながら、進んでいく。
ローカルの敬虔な女性は中に入るときは、髪の毛を隠すなどしていたりする。
神聖なる雰囲気も、気軽に市民がお祈りにきていた。

内部の大聖堂などを見学するが、別に段差のない入口があったことを発見した。新しく作ったようです。
大聖堂の周囲は段差がないので、車いすでも十分に観光できるのだが、
残念なのは聖堂内に入るのに階段があること。外からしか楽しめない。頼めば誰かが手伝ってくれるだろうが。

ぺチュルスカ修道院を満喫して外に出ると、ノンステップバスが止まっていた。あわてて乗り込んだ。
この24番バスは、観光客にとっても便利。しかもバリアフリー!
キエフ中央駅-オペラ座-ミカエル教会-独立広場-ぺチュルスカ修道院と、主要なところを巡る。
とはいえ、運転手は何も手伝ってくれない。周りの乗客も親切でないのは、やっぱりウクライナ。

ちなみに、旧市街のドニエプル川沿いに行く、62番バスも全てノンステップ。
観光ルートを最新型バスにしてくれているのは、とっても嬉しい。

24番バスをうまく活用すれば、観光も容易に! ミカエル教会をバックに記念撮影です。

こちらはソフィア大聖堂。いろんな教会があるが、オーソドックス(正教会)のため、地味である。
やはり教会はカトリックの荘厳さが、観光をするのには一番。 キエフでも教会巡りに食傷気味に。

市内の中心「独立広場」は、とっても大きい。さすが旧共産国。
ここでオレンジ革命が起こったのですね。テレビで見ていた映像の場面に立てたのは嬉しい。

アンドレイ坂も凸凹で傾斜がきつく、車イスが壊れそうに。ケーブルカーも階段があり、車イスにはNG。
道には、ごみやガラスなど散乱しているので、パンクの恐怖があったが、なんとかパンクせずに済んだ。
住むとすれば、エアー(空気)タイヤは無理、ソリッド(固体)タイヤにしなければいけないような路面であった。


トレイル・オリエンテーリング世界選手権

ウクライナへ来た目的は、トレイルオリエンテーリング世界選手権に出場すること。
私はパラリンピッククラスの日本代表なのだ。旅費は自腹です。

会場となる、ドニエプル川の中洲にある公園へ。
ビーチで泳ぐ人、日光浴をする人、昼寝する人、市民の憩いの公園だが、マッチョな人々も多数。
手作り感満点の野ざらしトレーニングマシーンで、黙々と体を鍛える人々。無料で使えるのです。
上半身裸なので、最初みたときは、ゲイの交流場かと思ってしまいましたが、単なるマッチョクラブでした。

トレイルオリエンテーリングの本番前日は練習日。
現地スタッフに美女がいたので、写真をパチリ。ウクライナは美人が多いのです。

市内へ移動して、オリエンテーリング世界選手権の開会式に参加。警察のブラスバンドが、パフォーマンス。

各国の選手を誘導する女性達。民族衣装がとってもかわいいです。
手にもっているのは、パンです。

開会式のパフォーマンスで感動したのが、車イスのダンス。プロかもしれない。
一組目はクラシックダンス。二組目はラテンダンス。優雅で激しく、さすがバレエの国。

  

宿舎となったのは、現地のリハビリテーションセンター。郊外にある寮みたいな収容施設。
バスルームは大きくて、車イスでも入れます。シャワーを浴びるための椅子も備えつけ。
至れり尽くせりの豪華バリアフリー施設は、日本だけです。

競技の結果、1日目は、29人中 21位と悪い結果に。2日目は29人中 9位とまあまあ。
芳しくない成績でした。うまくいきませんでした。

 

良い成績を出すのは諦め、またもや美女をパチリ。
自動車が競技地域に入ってこないように、見張りをしている警察官。こんなにセクシーなのは反則です。
ミニスカートが短すぎです。仕事せず、携帯電話でおしゃべりしていても、許しちゃいます。

第4回トレイル・オリエンテーリング世界選手権。パラリンピッククラスの優勝は、イタリアのロベルタでした。
左足首が人工関節なのが障害です。見た目ではわからない。

オープンクラスの表彰式。優勝は伏兵スロベニアの選手。初出場で初優勝。
日本の大久保選手は6位で見事に入賞を果たしました。

パラリンピッククラスの国別団体戦。
優勝は強豪スウェーデン。2位にロシア。3位に地元ウクライナが入って、開催国の面目躍如。

オリエンテーリング世界選手権に参加したキエフの滞在。交通マナーの悪さに辟易しました。
交差点は入ったもの勝ちで、譲り合いはゼロ。一方通行逆走も気にしない。
あげくは、選手スタッフを輸送するミニバンが歩道を走って、他車を追い抜かすのには唖然でした。
お願いだから、歩行者を引かないで欲しいと願いました。

英語が通じない、キリル文字、バリアフル、悪い交通マナー、ウクライナの旅は大変です。 


リビウ

世界選手権が終わると、ウクライナの古都リビウへ移動。
キエフより、歩道のカーブカット(段差解消)が多かったような気がする。旧市街は、まあまあ歩きやすかった。

リビウ駅では、ポーランドのクラコウへ行く国際列車のチケットを購入。 232UAH(5500円)と、安くない。
夕暮れで、リビウ駅が幻想的に映し出されました。

ホームをチェックすると、台車用のスロープが取りつけられていました。
同じ旧ソ連のウズベキスタンで、とてもよく見たスロープです。
傾斜は急で、幅も狭いですが、車イスを担がれるよりはずっと楽。
電車に乗るとき、力のありそうな男性に声をかけて、押してもらい、無事にホームへと行けました。


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ