講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

 
西アフリカ 未訪問国巡り(1)

2017/02 - 2017/03

パリで1泊


パリ乗換

かつてのフランス植民地が多い西アフリカへのゲートウェイは、パリ。
早朝到着にして、1泊。空港ホテルに荷物を預けて、電車で市内へと移動。
シャルル・ドゴール空港の駅ホームは、一番奥が底上げされていて、段差の解消を行っています。


パリ中心部の駅では、日本と同じように全てのホームが高く車両とホーム段差がないこともあります。
古い地下の駅には、エレベーターを作るスペースがなく、階段の横に作られた斜行エレベーターに乗って移動。

幾つもある出入口。どこにエレベーターがあるのか探すのが一苦労です。
間違って改札を出て、そこが階段だけだったら大変です。

午前中の観光は、8回目のパリにして初めて、モネの睡蓮で有名なオランジェリー美術館へ。
バスの乗って、ルーブル美術館まで移動。そこから、コンコルド広場を目指して歩く。
23年前の初めての欧州旅行。そのときに歩いた道。
今回は冬だが、とぼとぼ歩きながら、昔に旅した懐かしい記憶を引き出していく。

4つの大きなキャンバスに360度のモネ睡蓮。奥行きのないベタ塗り絵画。
オンリーワンの不思議な空間。迫力あるけど、心が動かされることはなかった。好みの問題ですね。

それより地下2階のコレクションが秀逸。近現代の様々な作家が一同に会する。コンパクトで見やすい。
時に巨大すぎる欧州の美術館は、頭が疲れすぎて見るのに疲れる。
モネだけの美術館と思ったら違った。芸術の都パリ。恐るべし。


いつものレストランへ

かつてランチは、高校ラグビー同級生が、オーナーシェフをするフランス料理店  H.Kitchen へ。
4月から日本へ研修に来るフランス人と面会も兼ねてランチ。
オープンして5年。オープン当時のスタッフも辞めてないし、パリの地元民で満席だったので嬉しくなる。
友達サービスのシャンパンに酔いながら、心もお腹も幸せに。

ランチの後、ノートルダム寺院、ポンピドゥ近代美術館と訪問したけど、
疲れていたので、ささっと立ち寄っただけで、電車に乗って空港ホテルへ戻った。アフリカ旅行に備えて体力温存。

ところで、宿泊した空港のお手頃ホテルチェーンには、車いす対応の部屋が10以上あり。
1フロアーに1つ、車いす対応部屋がある。バスルームが少し広く、シャワー椅子が壁に取り付けられている。

ところで、日本の玄関口、成田空港では半分のホテルが車いす対応部屋なし。あっても1つしか部屋がない。
そもそもシャトルバスが階段で車いすNG。ターミナルに隣接するホテルも無いし、都内も遠いし、選択肢がない。
東京オリパラと騒いでいるが、まず玄関口の成田空港をなんとかしないといけない。

・・・・・

翌朝。ホテルで昼食も兼ねた遅めの朝食(8ユーロ)。
お手頃価格のホテルだけど、パンの美味しさに感動。小麦、ライ麦、素材の味がする。そもそものレベルが高い。
ハム、チーズも段違いに美味しい。オレンジジュースは果実から絞っている。お金を出して正解だった。

カフェオレ飲んで、締めはホットショコラオレ。
ビュッフェなので、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまうが、元気をつけて、アフリカへと旅立ちます!


NEXT / 目次 / 旅コラム

Travel for All トップページ