研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
イラン バリアフリー写真

 
スロープ  (2012年 撮影)

イランと他国の違い、最大のものは、スロープです。
基本的に大理石で作られているため、雨のときなど滑ります。その滑り止めがあるのです。ギザギザ。
車いすだと、ガタガタと不快なのですが、杖の人や歩行者が滑らないようにするための工夫。面白いですね。

 
鉄道  (2012年 撮影)

夜のテヘラン駅。新しくキレイです。スロープもあり、表示もわかりやすい。
しかし切符売り場の2階にいくエレベーターは壊れてました。ただ夜で動かないだけなのかも。

ホームには、エレベーターがあり。嬉しい!
車両とホームの段差は50センチほど。そんなに高くないので、周りの人に声かけて担いでもらいます。

車いすスペースはありません。通路も狭くないので、私の手動車いすは通れました。
ちなみに朝食、昼食付き。サービスも良く、チケット価格も安いです。

到着駅のマシュハド。ホームにエレベーターがありましたが動いてませんでした。
仕方なく、ホームの端から降りました。従業員や貨物があるところ、バックヤードから駅の外へ。

 マシュハド メトロ  (2012年 撮影)

2011年開通の新交通メトロ。LRT(ライト・レール・トランジット)です。完全バリアフリー。
全駅にエレベーターかスロープ有り。表示もユニバーサル。

LRTなので、ホームは地面から高くありません。もちろんホームドアもなし。
車両とホームの段差隙間はゼロ。素晴らしいですね。利用者も多いです。

西側の終着駅。スプーンのように一方通行で線路を廻り、片側だけのホーム。
駅を降りたらそのままバスターミナル。郊外へとバスが走っています。シームレスで移動できます。

大きな公園のある駅で途中下車。もちろんエレベーター完備。外に出るとバスターミナル。
問題は駅の外。駅はバリアフリーでもそこに行く道に段差があることがあります。


空港のトイレ  (2012年 撮影)

テヘラン、メフラバード空港。国内線の発着です。車いすマークのあるトイレを見ると、アラブ式も併設。
狭いスペースで、車いすが入るとドアも閉まらないため、このアラブ式を撤去して、広いスペースを確保して欲しいもの。

飛行場。ブリッジは少なく、歩行困難な乗客は昇降車で乗ることが基本。スペシャルアテンダントのサービスはバッチリ。
機内の写真。モニターがソニーの薄型テレビが使われていることに驚き。
家電製品をそのまま使うなんて。日本製を使ってくれていることは嬉しいですね。
飛行機の値段はとても安いので(世界最安)、多くの路線があり、利用者も多いです。産油国なのも理由でしょう。

シラーズ空港のトイレ。公衆トイレでは、基本的にアラブ式しかありません。
一番奥に外開きの扉がありました。スペースを有効利用して、車いす対応の洋式トイレが設置されていました。

 
エスファハーン  (2012年 撮影)

イラン随一の観光地。有名な橋。残念ながら歴史あるためか、階段だけのため、車いすNG。
散策する人が多い川岸におりるため、スロープが設置されていましたが、手すりが大袈裟。
この観光エリアには珍しく点字ブロックもありました。何らかの資本があり、ここだけは整備したのでしょう。

 
車止め  (2012年 撮影)

エスファハーンのモスク。素晴らしいモザイク模様です。入口は敷居があり。
エマーム広場を中心に周囲には商店(バザール)が並び、博物館などもあるのですが、いずれも段差や車止め。
バイクが入ってこないのを防ぐ、歩行者優先にするための車止めですが、車いすは通れない。
車いすで通れる場所を探すのは非常に大変でした。


長距離バスターミナル  (2012年 撮影)

バスターミナル。きちんとスロープありました。もちろんバスは普通。でも最前列に座らせてくれたり配慮あり。
切符や案内は全てペルシャ語なので、どのバスに乗ればいいのか確認するのが外国人には非常に大変。


ペルセポリス  (2012年 撮影)

もちろん世界遺産。紀元前550年。凄い場所です。
遺跡へと続く道路がさりげなく段差解消されていました。ただし入口からは大階段を上る必要あり。
職員に「どうやって上るんだ」と言われましたが、周りに声をかけて、車いすを担いでもらいました。

大階段を上り切れば、後は平坦フラット。2500年前の都市にタイムスリップです。
ウッドデッキなども整備され、段差なく回れます。一部砂地の部分がありますが、そこは人の助けを借りました。
ウッドデッキは遺跡保存、ルートから逸れないにするなど、有効な手段です。

 

ペルセポリスから6キロ。ナグシェ・ロスタム。古代の王達の墓があります。
階段の横に急ですがスロープが整備。これで車いすの私も入れます。

 
シラーズ  (2012年 撮影)

巡礼地の一つ。聖廟です。聖人のお墓があります。どこかにスロープが有ります。内部へも入ってお祈りできます。