研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 トピックス リンク

 
タイ バリアフリー写真

 
スワンナプーム国際空港 トイレ  (2011年、2015年 撮影)

2006年開港の新しい空港。車いすトイレもしっかり完備。
以前のドンムアン空港では、一般トイレとは別の場所に、車いすトイレが作られていたが、通常トイレの中の一つを広くしていた。
日本型から、米国型への転換ですね。いろいろな試みがあるようです。

 

2015年訪問のときの写真。白抜きの車いすマークが良い感じです。

 
ガソリンスタンドの車いすトイレ  (2015年 撮影)

ローカル・タイ人の車いす利用者が、安心してかけこめるトイレがある場所は、下記マークのガソリンスタンド。
この会社のガソリンスタンドのトイレの多くには(100%に近い)、車いす対応トイレが設置されている。安心ですね。

 


エアポートリンク  (2011年、2015年 撮影)

2010年に開通した、空港と市内中心部を結ぶ列車。バリアフリーが考慮されている。
空港ターミナルの地下が駅になるが、ターミナルビルのエレベーターは数が少なく、人々が集中して大渋滞する。
導線の配慮が足りない。駅は広い改札もあり、超巨大なエレベーターもあり安心。
バンコクの地下鉄もそうだが、車いすで行くと、係員がべったりついてきてホームまで案内された。

 

市内まで直通の特急列車は赤色。ゆったり座れるが、本数も少ないし、値段が高い。150バーツ(450円)
通常の青い列車なら、35バーツ(100円)。時間もそんなに違いはない。

空港駅にはホームドアが完備。他はなし。ホームと車両の段差は2センチ程。隙間はほとんどない。
完全に段差をなくすまではなっていないが、日本の電車よりも乗りやすい。

車両はドイツ・シーメンス社製。よって日本と車内風景が違う。
大きな荷物置場スペースが、車いすスペースにもなるが、そこに電源コンセントがあった。電動車いす用だろう。ドイツを感じる。

エレベーターは基本的には、警備員と乗ることになる。改札は幅広いものがあり、通ることができるので嬉しい。

 

2015年、再びエアポートリンクを利用。非常に利用しやすく便利。

マカッサン駅は、バンコク地下鉄MRTペチャブリー駅と接続されていた。4年前は繋がっていなかった。

完全屋根付きの歩道橋。段差なし。ゆるやかな傾斜になっている。
駅の接続部分にはエレベーターあり。でも小さいので大きな電動車いすは使用不可。

 
バンコク地下鉄MRT  (2011年、2015年 撮影)

2004年9月に開通したバンコク地下鉄。
日本の援助で建設された影響なのか、バリアフリーはよく配慮されています。

知らぬ間に、多くの出口にエレベーターが設置されていた。
モノレール(スカイトレイン)の一部の駅にもエレベーターがありますが、インターホンがあり警備員を呼び出す必要がある。
地下鉄駅のエレベーターは誰もが自由に乗れるので便利。ただし改札からホームへは警備員がよくついてきます。

切符の自動販売機は壁面に垂直に液晶があるので使いやすい。シンガポールも同じ。
日本だと見下ろす感じになったり、車いすの視点だと液晶が見づらかったり、画面が反射して見えないことがある。
日本だと奥まって券売機があって、ボタンを押しにくかったりするが、こちらは画面も押しやすい。

ホームはとても広い。ホームドアも完備。快適ですね。

階段、エスカレーター、エレベーター、複数の導線です。素晴らしい。
日本のように、エレベーターを利用する乗客は少なく、皆さんエスカレーターに乗る。そちらの方が走行距離は短いので。

雨が多いところなので、洪水など水の侵入を防ぐため、出入口は高く設置されている。
エレベーターも高いところに設置され、スロープを上がっていく。

地下鉄はバリアフリーだが、問題がある。エレベーターの廻りの道路が非常にバリアだらけなのだ。
何車線もある道路が横断する。狭い路地も多い。歩道も整備されていない。

その歩道は段差ばかり。道路も歩道橋だけで信号がなく、向こう側には渡れないなど多い。
駅から目的地への歩道環境が悪いので、現地の車いすの人や障害者の利用も少ない。


王宮、寝仏のワット・ポー  (2015年 撮影)

5人+現地ガイドさんで、バンコク市内観光。王宮にはスロープがあり、車いすでも観光できます。

 

王宮の南にある「ワット・ポー」。こちらもスロープ完備。王宮より人が少ないので、ゆっくり見れました。

寝大仏がいる建物に入るには少し階段がありますが、同行者に担いでもらって参拝。

スロープがあるのは嬉しいですね。車いすでも自由に動けました。

渡し船  (2015年 撮影)

王宮周辺から、チャオプラヤ川を渡って暁の寺院へ。
乗り場は段差があったりしますが、お手伝いをしてもらいながら、乗ることができました。
車いすは、自転車と同じように運賃3バーツとは別に、10バーツの支払いが必要です。

 

クルーズ船  (2015年 撮影)

グランド・パールという会社。夕食で利用。船着場にはスロープ完備。車いすは優先乗船です。

アユタヤに行く船。乗り場は同じ。船は大きい。車いすトイレなどはないが、船内は広い。
船室へは階段があるが、乗務員が担いでくれました。


アユタヤ遺跡  (2015年 撮影)

段差のない、車いすでも入れるルートがありました。十分に楽しめます。

アユタヤの遺跡前にいたアイスクリーム屋さん。原付バイクにサイドカーがついている。
販売する(運転する)のは、ポリオで下半身が不自由な障害者。このバイクは良いですねー。

象とワニ園  (2015年 撮影)

バンコク郊外にある「サムファーン象ワニ園」に、タイの友人が運転する車で行く。
日本製のハンドコントローラー(手動装置)をつけていました。

象のショー。ワニのショー。

 

園内に車いすトイレがあったので、嬉しくなって写真をパチリ。
一番奥のトイレが広くなっています。手すりとかないですが、十分な配慮ですね。

 


チェンライ レストラン  (2016年 撮影)

タイ北部、ミャンマー国境に近い街チェンライ。ビールメーカー「シンハー」が経営するエコパーク内にある、大きなレストラン。茶畑に囲まれた自然豊かな丘の上にあり、景色もよく、とてもお洒落です。しかも完全バリアフリー。スロープ、エレベーター、車いすトイレがありました。素晴らしいですね。屋台ばかりで、あまりレストランに行ったことありませんが、タイで初めてのバリアフリー対応レストランを経験しました。


UNWTO 世界観光の日イベント   (2016年 撮影)

2016年9月27日、国連世界観光機構のイベントに、スピーカーとして参加。テーマは「バリアフリー観光」。
タイの首相、観光大臣、各国閣僚、世界60ヶ国から大勢が参加の国際会議イベント。

 

 

バンコクでの移動は、リフト付きバン。観光省の所有。旅行者用のサービスは友人の会社でやってます。 こちら

1日目の夕食は、Siam Nitamit にて。バリアフリーな巨大観光施設。大型バスが何台も停められ、大勢の観光客が来ています。巨大な宴会場には、車いすトイレあり。2000席以上あるシアターにも複数の車いす席。

国立博物館にある寺院につながるスロープ。急ですが、ないよりは有るのは良いです。歴史的建造物をバリアフリー化するのは難しく制約あり。できる範囲で良いと思います。

イベント後は、1泊2日の体験ツアー。東北部イサーン地方の州都コーンケーンへ。空港で壮大な出迎え。

田舎にある有名なお寺。村人が踊りで迎え。見物人も多数。1000人近い人。すごい。。。

お寺に作られたバリアフリートイレ。我々VIPが訪問するから、あわてて作られたものでしょうが、きっかけとなれば幸いです。

コーンケーンのリフト付きバス。最近は、低床バスが主流ですが、バリアフリーが推進されるのは良いこと。

 
高級ホテルの車いす対応部屋    (2016年 撮影)

会議中、宿泊させてもらった5つ星ホテル。バリアフリー対応部屋も有り。シャワー椅子が低い、シャワーが遠い。洗面台の下に車いすが入らないなど、少し問題はありますが、十分な設備。なによりお洒落で、高級感があります。

 

コーンケーンで宿泊した4つ星ホテル。こちらも新しいので、バリアフリー対応。でもスロープは後付け。日本と違って、複数の車いす対応部屋あり。シャワーでシンプル。問題なく使えました。