研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 トピックス リンク

 
トルコ バリアフリー写真

 
イスタンブール空港  (2014年 撮影)

スペシャル・ケア・アテンダントのサービスが充実しています。揃いの格好をした専用スタッフがお手伝い。
最大の特徴は、電動車いすで、長距離歩行困難者を運ぶこと。後ろに立ち乗りして操作しながら、ターミナルを闊歩。
私もこの車いすに掴まって、引っ張ってもらいながら、大きなターミナルを移動しました。(笑)

 
イスタンブール空港 トイレ  (2016年 撮影)

車いす対応のトイレの数は多くありません。
写真のような電動扉も多いですが、誤作動や故障が怖いので、私は好きではありません。中もキレイでなかった。
禁煙のターミナル、従業員か乗客かわからないけど、この中でタバコを吸って、吸い殻が捨てられていることもありました。最低。

 
イスタンブール 地下鉄  (2016年 撮影)

20年振りのイスタンブール。前回は地下鉄がなかった。
割と新しいので、バリアフリーかなって期待したら、その通りでした。

空港の駅の看板に、バリアフリー情報が記載。これによると、ほとんどの駅がエレベーター設置で、使えるとのこと。
路線もたくさんあります。公共交通が使えると移動に便利です。

通常ゲートが狭いため、端にある扉から、車いす、ベビーカー、大きな荷物を持つ人は通ります。
チケットチェックがないため、無賃乗車で通る悪い人もいます。車いすはここしか通れないこともあり、無料。
私としては、お金を払って乗りたいのだけど、それができない。

車両とホームの段差がないことに驚きました! 車いす単独乗降可能。日本の地下鉄より良いですね。

車内の車いすスペース。ベビーカーマーク、妊婦、高齢者、赤ちゃん連れなど、優先マークあり。

 
イスタンブール 地下鉄  (2016年 撮影)

地下鉄と、トラムの乗り替え駅。ホームが隣接され、シームレスな移動。
上下移動なく、階段やエレベーターに乗ることなく、ホームの横からスロープを降りると、トラム(LRT)の駅。

ドイツの影響ですかね。欧州でよく見る新型路面電車が、イスタンブール市内中心部を走っています。格好いいです。
輸送能力は低いため、1~2分毎にトラムが運行されています。混雑していますが、すぐ次のトラムがやってくる。

駅のホーム。どちらに車いす対応の広い改札があるか表示あり。
トラムから降りたときに右に行くか、左に行くか迷うことありません。バリアフリールートの表示。

宿泊したホテル近くの電停。道路に直結なので、すぐに乗れます。

海峡沿いの大きな駅。デザインが近未来的。

城壁沿いを走る。4番線の路面電車。車両はそのままで、駅を底上げ。
どの駅がバリアフリーかも通常看板に表記。それを見ると、ほとんどの駅がバリアフリー。

古い電車でも、ホームを改良することによって、バリアフリーになる好例。
路面電車は踏切がなく、線路横断には自己責任。日本では難しいかな。とにかく気軽に運用されています。

 
ブルーモスク  (2016年 撮影)

有名観光地。モスクもバリアフリーに。段差解消の入口有り。スロープも設置。

モスクの入口は段差。そこに簡易スロープを置いてくれます。素晴らしい対応。

土足禁止の内部。汚れた車いすのタイヤで絨毯を汚してはいけないので、係員がタイヤにセロテープを貼りました。
雑巾で拭いたり、布を被せたりしたことはありますが、セロテープは初めて。色んな方法があるものです。

 
アヤソフィヤ  (2016年 撮影)

有名観光地もバリアフリー。段差解消。車いすトイレの設置など、古い遺跡や建物にも配慮が徹底。
全てを見ることはできませんが、中に入れる。最低限は楽しめるのは、とても良いですね。

 
王宮のハレム  (2016年 撮影)

門を抜けて、王宮へ。段差もなく、車いすでも入れます。

ハレムの内部も、バリアフリールートがあり。驚きました。嬉しい。
最後が階段で、来た道を戻ることになりますが、迷路のような内部を探検できるのは楽しいです。

 
低床バス (2016年 撮影)

市内を走るバスは、ほとんど低床。ドイツ製ですね。広い、大きい。

 
市内の商店  (2016年 撮影)

店舗やビルの入口には、段差が多いです。
写真のようにスロープがある場合もありますが、それは珍しいです。

 
グランド・バザール  (2016年 撮影)

とても大きな市場。お土産物屋も多数。車いすマークのあるトイレを発見。
大きくはありませんが、洋式で、手動車いすが中に入れるトイレ有り。お金(1リラ=40円)を払って利用しました。
民間の施設でもバリアフリーがあるのは嬉しい。高齢者とかも兼用で使うのでしょう。

  
現代美術館  (2016年 撮影)

現代美術館は、新しい施設だけあって、バリアフリーにも配慮。使いやすい車いすトイレがありました。

 

空港の歩道   (2016年 撮影)

世界的に拡がる、歩道の底上げ。歩行者は段差なし。自動車はでこぼこ有り。
日本では、この場合、信号がつきますね。歩行者優先が最大のバリアフリーです。