研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
網走刑務所

2017年

自家用車での北海道旅行、網走刑務所に行ってみた。正式名所は、博物館「網走監獄」。
第一駐車場から刑務所までは階段だが、車いす利用者は奥にある第二駐車場へ停めてね!の表示があり親切。
段差なく網走刑務所の入口まで移動できます。奥にあるため、駐車場も空いています。

山を後ろに建てられているので、少し傾斜がある。門の前で記念撮影。
刑務所というより、明治時代の歴史ある建造物。
正門前には、蝋人形もたっていて、雰囲気あり。

最初に庁舎で、囚徒が切り開いた北海道開拓の歴史を学びます。かなり勉強になり、見応えあります。
入口にスロープも自然な形で設置されており、車いすでも問題なし。嬉しい配慮ですね。

刑務所内は、段差がなく、全ての展示物を巡ることができます。バリアフリーの整備の高さに驚きました。
下の写真は、職員の官舎です。看守長屋。当時の生活がしのばれます。

囚人の労働の様子。自給自足で、農地から、味噌醤油の醸造、加治屋もありました。
精巧な蝋人形が不気味です。

一番の見所、5練が放射線状に広がる舎房です。いわゆる牢屋ですね。一番の高台にあります。
うまく段差解消され、車いすでもストレスなく見学できます。

牢獄。内部の写真です。一部、牢屋の中にも入ることができます。

出所を控えた囚人たちの部屋。少し広くて余裕があります。

お風呂場。伝染病など防ぐため、衛生状態には気を使っていたようです。週に2日ほど入れたそうな。
入浴時間は15分。色んなルールあり。それでも貴重な楽しみだったようです。建物が非常に立派です。

最後の展示物である講堂。こちらもスロープ完備。歴史的建造物にこんなにも車いすでアクセスできるとは感謝です。
北海道開拓の歴史を学べるのも素晴らしいです。お薦めの観光スポットでした。