研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
大台ヶ原

2012年

山登りが大好きな母が、口癖のように「大台ヶ原は素晴らしい」と言っていた。
大阪に住んでいても、奈良と三重の県境にある山奥はとても遠く感じる。高速道路もなく、心理的距離も遠い。
新緑の5月下旬。大阪からドライブへ。日本で最も雨が多い地域なので、もちろん天気予報で晴天を確認して。

 

2011年の台風で大きな被害を受けた奈良県と和歌山県の南部。大台ヶ原ドライブウェイも被害があったが迂回路が作られていた。
景色の素晴らしい道を運転して、大台ヶ原へ。ビジターセンターには大きな駐車場がある。

車いすで散策できるのかわからないが、売店の横から道へ潜入。急な坂は付添人に押してもらう。

山道とはいえ、平らな箇所は、ガタガタしながらも車いすで走行可能。
空気、木々、山々、草花を、小鳥の声を聞きながら歩きます。

200メートルぐらい進むと傾斜も強くなり、進みにくくなってきました。このあたりで引き返します。
同行者は、このまま奥へと小一時間の散策へ。一人で来た道を戻る。

多雨地方ならではの苔。標高が高いのに生い茂る木々。景色を堪能できます。

ビジターセンター横にある登山道にもチャレンジ。
車いすの前輪を上げながら、ガタガタの山道を奥へと進んでいきます。

これまた100メートルほど進むと傾斜も強くなり、本格的な山道へ。引き返します。
誰か押してもらう人がいれば、車いすでも少しだけですが、森の中を散策できます。とても気持ちがいいです。

車いすと山の相性は良くありませんが、大台ヶ原は山頂付近まで自動車で来ることができ、楽しめます。

奈良県南部。かなりの山奥。関西の秘境です。
大台ヶ原へと続く道は、尾根を走り、景色は最高! 日本有数のドライブコースですね。