研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

2009年

日本一の秘湯といわれる、鶴の湯。 秋田県の田沢湖から乳頭温泉郷へ、未舗装の狭い道を通って山の中へ。
雰囲気たっぷり、情緒あふれる素晴らしい温泉地です。写真を見て段差がなさそうなので行ってみることにしました。

道路は砂利道です。平坦なので問題なし。
入浴料を支払う小屋は階段でした。周りの観光客に頼んで買ってきてもらいました。よって車いすの客が来たこともわからず。
温泉へは、橋をわたります。段差がないので問題なし。温泉小屋は狭いので、露天へ。混浴だと思っていたら、男女別でした。

 

露天風呂へと通じる道。深い砂利ですが、段差がないので、なんとか進めます。
脱衣場は段差なので、露天風呂の横で、ささっと裸に着替え。野ざらしで丸見えですが、気にしない。
露天に入る女性は、ほとんどおらず、女性の目がないので、安心でした。

 

露天風呂の側に車いすを置いて温泉へ。段差なしなので快適。着替えた衣服を詰めたカバンは、車いすの隣に。
乳白色の素晴らしいお湯。自然の中なので、蜂がたくさん飛んでいました。

 

食事をするところや、休憩するところ、泊まるところもあるのですが、いずれも古い家屋で階段ばかり。車いすはNGです。
しかし、露天風呂は、車いすでアクセス可能です。温泉好きな人は、東北の山奥へ是非、訪問してみてください。

 


後生掛温泉

2013年

東北の奥地にある名湯として名高い後生掛温泉。鶴の湯と同時に訪問する温泉好きも多いと思う。
東京から北海道へと、自動車移動の際、時間があったので立ち寄ってみることにした。

 

訪問日は、5月6日なのに、雪が多くてたまげた。運転中には雪も降ってきた。
例年より寒いこともあるが、GWが過ぎても春は遠い土地。

名湯に車いすで入れるのかどうかは、わからなかった。
電話で聞けばいいでしょ?と思うかもしれないが、大抵はNOと言われるし、少々の段差や階段があっても
工夫次第で入れることもある。グーグルの画像検索で調べると、下写真と同じ正面玄関の写真がいくつか出てくる。
スロープがある!ので、ひょっとしてバリアフリーかもと期待した。残念ながら温泉へのアクセスがわかる写真は発見できず。

湯治場である。スロープのあるのは宿泊施設。肝心の温泉は、坂の下にある。これも知っていた。
ひょっとしたら宿泊施設の中から温泉まで、エレベーターなりバリアフリールートがあるかもと期待したが、無し。
従業員は車いすの私を見ると、すごい気まずい嫌な顔をした。そして「ダメ、ダメ」と。
大阪ナンバーで、雪の中、車いす一人で温泉に入りに来たのに、かなり残念な対応。
入れないだろうけど、とりあえず見てからというので、自動車で温泉の前まで行く許可をもらって降りる。

中に入って納得。脱衣場までも長い階段。脱衣場から温泉までも階段らしい。数段なら這ってもいいが諦めた。
情報開示として、さりげなく階段の写真を載せてくれたら、来なかったのに。。。

外からのルートで、ひょっとしたら段差なしルートが作れるかもしれません。
温泉の酸ですぐに自動販売機が壊れるらしいので、エレベーターの設置は無理とか。
階段で入れない温泉があるのは仕方ありません。

ただ入れそう、無理そうと判断できる材料の情報発信があると良いのになあ。