研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク


段差が全くない横断歩道
 

論点  自動車優先か? 歩行者優先か?
方法  横断歩道の場所で、車道を底上げして、歩行空間を平坦にする。 
効果  歩行者が多い中心街や、歩行者保護の住宅街で、有益。
 段差がないので、車いす、ベビーカー、高齢者にとって、快適。
 自動車の自動的な減速による、歩行者の安全確保。
 自動車の運転手は、減速しなければならないのでストレス。

 
チリ サンチャゴ 中心街   (2007年 撮影)

歩行空間がフルフラットです。段差ゼロになっています。非常に歩きやすいです。
車道が歩道の高さに合わせています。信号もついています。


フランス ストラスブール&パリ   (2008年 撮影)

歩道空間のブロックの色も変えています。歩道の高さに合わせて、道路が底上げされています。
信号はない交通量の少ない、自動車が進入がしにくいように工夫された旧市街の地域です。
歩道が優先されています。いずれも歩行者が多い中心街です。自動車はゆっくり走らなければなりません。


アラブ首長国連邦 ドバイ  (2008年 撮影)

発展著しい建設ラッシュの街。中級ホテルが密集する中心地の横断歩道です。信号つき。
自動車中心の社会で、何車線もある道路がたくさんあります。スピードの速い車も多いので注意は必要です。

こちらは、2012年の撮影。ドバイメトロの終着駅にあるパーク&ライドの駅。駐車場を通って外に出ます。
歩道が底上げ。自動車にも原則を促しています。


韓国 ソウル市内   (2010年 撮影)

ソウル市内で新しく整備された歩道で、かなり多くの底上げを見ることができます。
車優先社会ですが、歩行者に優しい環境の整備が進んでいます。


台湾 新幹線の駅  (2008年 撮影)

台湾新幹線の台中駅前です。空港みたいな近代的な建物です。
車寄せが歩行者優先でした。減速のためのガタガタもあります。


ニュージーランド   (2008年 撮影)

多くの事例を見ることができます。上段は、オークランドの空港です。信号はありません。
下段は、町の中心街の横断歩道です。バンプ(凸)が、自動車の減速、停止を促します。タイルも違います。


オーストラリア   (2008年 撮影)

オーストラリアでも、歩行者の多い空間では、一般的に歩道の底上げが行われています。その代わり、信号は無し。
隣国ニュージーランドと比較して、横断歩道をペイントして強調がされています。


イギリス ロンドン   (2009年 撮影)

ロンドンでは、非常に多くの「歩道底上げ」を見ました。歩行者の多い繁華街と、住宅街に入る道路です。
イギリスが発祥なのかもしれません。


アイスランド レイキャビク  (2010年 撮影)

市内中心部、商店やレストラン、カフェなどが立ち並ぶ観光エリアです。こちらでも事例がありました。


日本 大阪 阪急梅田駅   (2008年 撮影)

日本でも事例がありました! 阪急梅田駅の1階。紀伊国屋書店の北側です。
空車待ちのタクシーが出入りする道路のため、交通量は多くありません。一方で歩行者はとても多いです。
以前はずっと段差があったため、車いすでは通行が大変で、大回りする必要がありましたが、車道が底上げされました。

 
愛媛県 松山市   (2009年 撮影)

中心部の大通り商店街。活気のある歩行者の多い場所のため、自動車優先になっておりません。
商店街を横切る道路が、商店街の部分だけ底上げされ、歩道と同じ高さになっていました。歩行者はフルフラットで段差なし。